2019年4月-6月春ドラマ ラジエーションハウス

【見逃し配信】月9ドラマ『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』10話のネタバレあらすじ&感想・この人の右に出るものはいねえよ!

更新日:

【見逃し配信】月9ドラマ『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』10話のネタバレあらすじ&感想・この人の右に出るものはいねえよ!

2019年4月フジテレビより人気マンガが実写化された月9ドラマ『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』がスタートしました!

月9初主演となる窪田正孝さん、ヒロイン役に本田翼さんが抜擢され、「平成最後の月9ドラマ」の大トリとなる新ドラマ。

この記事では、月9ドラマ『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』10話のネタバレあらすじ&感想をご紹介していきます。

また、『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』の見逃し配信・無料動画は『FODプレミアム』がオススメです!

1ヶ月間無料でフジテレビ系の月9ドラマやバラエティ・雑誌・コミックまで楽しめるのでぜひこちらもチェックしてみて下さい。

見逃し動画配信ならFODプレミアムがオススメ

▼FODプレミアム公式▼

月9ドラマ『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』10話のあらすじ

月9ドラマ『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』10話のあらすじ

出勤途中の唯織(窪田正孝)のもとに、放射線科の世界的権威である恩師・ピレス教授(Dutch)からメッセージが届く。人工知能を使った読影補助ソフトを開発することになったピレスは、そのメンバーに唯織を迎えたいと考えていた。

鏑木(浅野和之)は、辻村(鈴木伸之)の父で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)から系列病院の院長を任されたことを家族に報告する。妻の聡子(梅沢昌代)と娘の加奈子(丸川ゆい)に、給料も倍になるから3人でハワイ旅行に行こう、と嬉しそうに話す鏑木。

そんな折、ラジエーションハウスに杏(本田翼)の父親で、元院長の正一(佐戸井けん太)が突然現れる。正一がうつ病の状態だと知る小野寺(遠藤憲一)やたまき(山口紗弥加)らは、努めて明るく彼を出迎える。

同じころ、辻村は、嶋田茜(西原亜希)の1歳8ヵ月になる息子・光の診察をしていた。骨折の疑いでレントゲン検査のオーダーを受けた裕乃(広瀬アリス)は、赤ちゃんの検査にしり込みし、軒下(浜野謙太)に助けを求める。そこで、3ヵ月前にも右上腕骨骨折の疑いで光の検査をしたことを思い出すたまき。検査の結果、光は鎖骨を骨折しており、虐待の疑いが……。

鏑木は、院長の渚(和久井映見)に辞表を提出する。院長室を後にした鏑木は、椅子に座っていた正一に気づいた。正一も鏑木に挨拶しようと立ち上がるが、そのとき突然頭痛に襲われ、倒れてしまう。

公式より引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/

月9ドラマ『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』の10話のネタバレ

ハワイ旅行

バスで出勤途中の唯織(窪田正孝)のもとに、放射線科の世界的権威である恩師・ピレス教授(Dutch)からメッセージが届く。

人工知能を使った読影補助ソフトを開発することになったピレス。

そのメンバーに唯織を迎えたいと考えていた。

鏑木(浅野和之)は、辻村(鈴木伸之)の父で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)から系列病院の院長を任される。

にやけながら家族に報告する。

妻の聡子(梅沢昌代)と娘の加奈子(丸川ゆい)に、給料も倍になるから3人でハワイ旅行に行こう、と嬉しそうに話す鏑木。

そんな折、ラジエーションハウスに杏(本田翼)の父親で、元院長の正一(佐戸井けん太)が突然現れる。

「ここは関係者以外立ち入り禁止なんです」

正一を知らない唯織が伝えていると、気がついたラジエーションハウスのメンバーがやってくる。

「この方は元院長だぞ」と言われ、「杏ちゃんのお父様!」と興奮していた。

正一がうつ病の状態だと知る小野寺(遠藤憲一)やたまき(山口紗弥加)らは、努めて明るく正一を出迎える。

「お父さん?なんでここにいるの?」

杏が現れる。

「久々に病院を見ようかなと思ってね」

杏が母親に迎えを頼み、帰宅を促した。

くる病

同じころ、辻村は、嶋田茜(西原亜希)の1歳8ヵ月になる息子・光の診察をしていた。

骨折の疑いでレントゲン検査のオーダーを受けた裕乃(広瀬アリス)は、赤ちゃんの検査にしり込みし、軒下(浜野謙太)に助けを求める。

そこで、3ヵ月前にも右上腕骨骨折の疑いで光の検査をしたことを思い出すたまき。

たまきが泣く光をあやすが泣き止まない。

見かねた威能が代わり、あやすとすぐに泣き止んだ。

検査の結果、光は鎖骨を骨折しており、虐待の疑いが考えられた。

「また骨折ですか?ただでさえ怪我しやすい子なので、気をつけていたのに。

同年代の子はもう普通に歩いたり話したりできるのに。

私の育て方が悪いんですかね・・・」

唯織と杏は、光の画像を確認していた。

そこに辻村もやってくる。

「この子、骨折の頻度が多くて。五十嵐さんの意見を聞きたくて」

唯織は快く了承する。

「O脚なのが気になります。なにか原因に心当たりがあるとは言っていませんでしたか?」

「それが、家の中で転んだとしか。

前回骨折してからは、ほとんど家で遊ばせていたみたいです」

カルテを見る唯織。

「卵アレルギー?転倒だけで骨折、まさか・・・」

辻村と杏も気がつく。“くる病”だ。

再検査を行い、診断を母親に伝える。

くる病は、ビタミンDが欠乏することによって起こる疾患だ。

卵アレルギーだった光は普段からビタミンが不足していたようだ。

さらに、体内でビタミンを作るには、日に当たる必要があるのだが、光はずっと家の中にいた。

「私のせいだったんですね。良かれと思ってやっていたことが・・・」

母親は落ち込んでいた。

鏑木の辞表

鏑木は、院長の渚(和久井映見)に辞表を提出する。

「あらやだ、これ本物?はい、お茶どうぞ。寂しくなりますね」

しかし渚は引き止めもせずに淡々としていた。

院長室を後にした鏑木は、待合室の椅子に座っていた正一に気づいた。

正一も鏑木に気づき、挨拶しようと立ち上がるが、そのとき突然頭痛に襲われ、倒れてしまう。

鏑木が診るが、問題ないと診断された。

「ちゃんと検査したほうが良いのでは」

唯織が尋ねる。

「この病院で半年前にも検査しているので。特別扱いも出来ませんし・・・」

唯織はその画像を確認するが、特に問題なさそうだ。

しかし半年たっているので、再検査してみては?と小野寺が杏に言うが、特別扱いは出来ないと拒否するのだった。

「親子揃って頑固なんだから」

オーダー取ってくると思ってた

意識障害を起こした光が救急搬送された。

呼吸が安定しているうちに、小児専門の病院に転院させようということになるが。

呼吸が止まると、脳に障害が出るためここで手術するべきだと唯織は進言した。

杏の協力もあり、検査のオーダーが出た。

ラジエーションハウスに戻ると、他のスタッフが撮影の準備をしてくれていた。

「皆さん、オーダーが出なかったらどうするつもりだったんですか!」

「あんたたちなら、オーダー取ってくると思ってたわよ」

唯織は鏑木に、

「必ずいい写真を撮ります」といい撮影現場に向かった。

絶妙なタイミングで撮影した唯織。

その画像を確認すると、腫瘍が脊髄にまで及んでいることが分かり、手術は難しいとのこと。

そこに、

「君たちは何をやっているんだ。答えならその写真の中にあるだろう。

これは呼吸の影響もなく、造影剤のタイミングも完璧な画像だ。

診断画像をつくってよく観察してみなさい」

別の角度から確認すると、脊髄にまでは至っていないことが判明した。

「これは問題なく手術できます。すぐ準備しよう」

「君たち技師が責任を持って撮影した画像を、我々放射線技師が責任を持って読み込む。

それが我々、ラジエーションハウスだろう」

「鏑木先生すごかったんですね」

「当たり前だろ、毎日100件近くの読影を30年も続けているんだぞ。

右に出るものはいねえよ」

鏑木は技師たちを認め、ここでの仕事にやりがいを感じた。渚から退職願も返してもらった。

そうして無事に光の手術もできた。

「この病院に来て良かった」と母親に感謝された。

一方、MRI検査にキャンセルが出たため正一の検査をしよう!と言い出す小野寺と唯織。

杏も折れて、再検査することに。

正一は、うつ病ではなく髄液が脳内で漏れているのではないかと唯織は予測していた。

そして、小野寺の息子が小野寺に面会にやってきて・・・

月9ドラマ『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』の10話の感想

鏑木先生かっこよかったですね。長年診断してるだけのことはありますね。

杏だけではなく、辻村まで唯織を頼るようになってて嬉しいです。

小野寺の息子さん、どうしたんでしょうか?

次週最終回です。令和初の月9、とても良かったです。最後も楽しみにしています。

月9ドラマ『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』最終回11話のあらすじ

月9ドラマ『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』最終回11話のあらすじ

唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)の父で、甘春総合病院の前院長・正一(佐戸井けん太)が、うつ病ではなく別の病気ではないかと考える。全身の慢性的疲労感、起立性頭痛に苦しんでいる正一は、発症前、自転車に追突され、その後、飛行機に乗っていた。ヒントになったのは、裕乃(広瀬アリス)が手伝っていた造影CTの際に、チューブから造影剤が漏れたことだった。

小野寺(遠藤憲一)らの協力を得て唯織が行ったのは、MRI検査と、髄液漏れの検査だった。その画像を見た唯織は、正一が低髄液圧症であることを確信する。正一は、追突事故で硬膜に穴が開き、飛行機に乗った際の気圧の変化と乱気流の振動によって低髄液圧症を発症したものと考えられた。髄液が減って脳が下垂したために、起立時に頭痛やめまいに襲われていたのだ。正一の病気が手術で治る可能性があると知り、喜ぶ杏。

ところがその矢先、正一が突然意識障害を起こす。辻村(鈴木伸之)ら甘春総合病院の医師には正一の治療をできる人間がいなかった。すると杏は、自分がやると言い出し……。そして、その杏を見つめる唯織はある決断をする……。

公式より引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/

【見逃し配信】月9ドラマ『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』最終回11話のネタバレあらすじ&感想・医師として目の前の患者を救え!
【見逃し配信】月9ドラマ『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』最終回11話のネタバレあらすじ&感想・医師として目の前の患者を救え!

2019年4月フジテレビより人気マンガが実写化された月9ドラマ『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』がスタ ...

【見逃し配信】月9ドラマ『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』1話から最終回までのあらすじ・キャスト・ロケ地・無料動画まとめ
【見逃し配信】月9ドラマ『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』1話から最終回までのあらすじ・キャスト・ロケ地・無料動画まとめ

2019年4月フジテレビより人気マンガが実写化された月9ドラマ『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』がスタ ...

月9ドラマ『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』の見逃し配信・無料動画視聴をする方法

月9ドラマの見逃し動画なら『FODプレミアム』

FODプレミアム

月9ドラマ『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』の見逃し配信・無料動画視聴ならFODプレミアムがオススメです。

スマホ・PCから登録するだけで月9ドラマ・バラエティ・アニメなど沢山の動画、そして最新雑誌やコミックまで楽しむことが出来ます。

初回31日間の無料お試しだけなら0円とお得な特典が付いているのでぜひチェックしてみて下さい!

見逃し動画配信ならFODプレミアムがオススメ
  • 月額888円で月9ドラマ・バラエティが見放題!!
  • 人気雑誌の見放題・無料マンガも充実
  • 毎月3回・8の付く日にポイントプレゼント
  • 1ヶ月無料トライアルだけのお試しもOK!!
▼FODプレミアム公式▼

オススメ記事

  • この記事を書いた人
chi

chi

アニメとマンガが大好きな理系女子です。 最近はドラマにもハマっており、最新テレビのトレンドはイチ早くチェック。得意なドラマの感想や、アニメ記事をお届けしていきます!

-2019年4月-6月春ドラマ, ラジエーションハウス
-, , , ,

Copyright© ビデオ・オン・デマンド ジャパン , 2019 All Rights Reserved.