2018年ドラマ SUITS/スーツ

月9ドラマ『SUITS/スーツ』6話のネタバレあらすじ&感想

投稿日:2018年11月13日 更新日:

月9ドラマ『SUITS/スーツ』6話のネタバレあらすじ&感想

前話では、ついに長年の悪友・遊星との縁を完全に断ち切った大輔。今後も弁護士として活躍できるのでしょうか。

そして今回はついに甲斐と蟹江への最強コンビ誕生!?

この記事では月9ドラマ『SUITS/スーツ』6話のネタバレあらすじ&感想をご紹介していきます!

また、月9ドラマ『SUITS/スーツ』の見逃し配信・まとめ視聴はFODプレミアムで配信されています、1ヶ月無料お試しで視聴できるのでぜひチェックしてみて下さい。

見逃し動画配信ならFODプレミアムがオススメ

▼FODプレミアム公式▼

月9ドラマ『SUITS/スーツ』6話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、チカ(鈴木保奈美)から、日本有数の資産家で、慈善事業にも尽力している内海財団の会長・内海真須美(ジュディ・オング)を紹介される。内海は、轟フィナンシャルが手がけるインドネシアの発電所建設に20億円を投資していた。だが、建設計画が頓挫してしまったため、資金を回収したいのだという。チカは、蟹江(小手伸也)と組んで対処するよう甲斐に指示する。

蟹江は、大輔(中島裕翔)に轟フィナンシャルの資産をあぶり出すよう命じた。そこにやってきた甲斐は、別件が入ったといって大輔を連れ出す。甲斐に相談を持ち掛けてきたのは、リゾート開発会社『アテナリゾート』の藤原一輝(大澄賢也)だった。藤原の娘で大学院生の華名(佐久間由衣)が、社員証を偽造して会社に侵入していたのだという。実は華名は、会社の口座から1億円以上を別口座に移していた。

同じころ、蟹江は、轟フィナンシャルの経理部長・小堺晴彦(春海四方)と弁護士の毛利徹(小松和重)、アソシエイト弁護士の米倉和博(宮田佳典)と会っていた。小堺が香港に口座を作り3000万円の資金を移したことを掴んでいた蟹江は、彼を厳しい口調で責め立てた。すると小堺は急に体調を崩し、そのまま息を引き取ってしまう。

そんな折、大輔は華名に会いに行く。華名は、アテナリゾートが不都合な環境予測データを隠蔽して人口500人ほどの小さな島にホテルを立てたことが許せないらしく……。

公式より引用

月9ドラマ『SUITS/スーツ』6話のネタバレ

新しい依頼はチームで挑む

甲斐(織田裕二)とチカ(鈴木保奈美)は乗馬クラブに来ていた。

そこでチカから日本有数の資産家で、慈善事業にも尽力している内海財団の会長・内海真須美(ジュディ・オング)を紹介される。

内海は、轟フィナンシャルが手がけるインドネシアの発電所建設に20億円を投資した。

しかし、建設計画が頓挫してしまったため、資金を回収したいのだという。チカは、大きな仕事なので<蟹江(小手伸也)と組んで対処するよう甲斐に指示をするが…。 蟹江は今は甲斐とチームなのだから、大輔(中島裕翔)は自分の部下だと言い、轟フィナンシャルの資産をあぶり出すよう命じた。 そこにやってきた甲斐は、別件が入ったといって大輔を連れ出す。

大輔の仕事

甲斐に相談を持ち掛けてきたのは、リゾート開発会社『アテナリゾート』の藤原一輝(大澄賢也)だ。

藤原の娘で大学院生の華名(佐久間由衣)が、社員証を偽造して会社に侵入していたのだという。

さらに華名は、会社の口座から1億円以上を別口座に移していた。

同じころ、蟹江は、轟フィナンシャルの経理部長・小堺晴彦(春海四方)と弁護士の毛利徹(小松和重)、アソシエイト弁護士の米倉和博(宮田佳典)と会っていた。小堺が香港に口座を作り3000万円の資金を移したことを掴んでいた蟹江は、彼を厳しい口調で責め立てる。

その後チカ、甲斐、蟹江で話し合う。甲斐と蟹江が言い争い討論しだす。

チカは一度、蟹江を部屋から出し、甲斐を諭す。

「蟹江はファームで一番金融犯罪に詳しいの。彼の意見も尊重してあげて」と。

蟹江は甲斐に「仲良くしよう」と協力して仕事をしよう、と提案するが…

親離れ子離れ

一方、大輔は甲斐に「親離れしろ」と言われ一人で華名に会いに行く。華名は、アテナリゾートが不都合な環境予測データを隠蔽して人口500人ほどの小さな島にホテルを立てたことが許せないらしい。

環境保護について学んでいる華名は、自身の父親がホテル開発をしたために環境破壊をしたことが納得できない。

偽造社員証に指紋認証もクリアした華名は、藤原の会社の内部情報もハッキングして調べていた。

「このままじゃ逮捕されるぞ」と警告するが「大丈夫、父は絶対通報しない。お金は島の人のために使う」と自信満々に。

研究室を追い出された大輔は帰宅すると、幼馴染の砂理が部屋の前で待っている。

大輔の祖母からレシピを受け取った砂理は、手料理を振る舞う。自分で作った料理の味に砂理自身も驚きながら2人で食事した。

砂理から「大貴って呼んでもいいかな?」と聞かれ、人前以外は本名で呼ぶことを許可する大輔。

翌日オフィスに、轟フィナンシャルの社長がアポなしで押したけてきた。

横領の事実があったとし、和解をもちかけてきた。亡くなった小堺経理部長に罪を着せようとしたのだが。

すでに小堺経理部長の金回りを調べていた甲斐は「作り話をするならもう少しましな嘘をついてください。」と。

あのお金は小堺経理部長の奥様が株でもうけたお金だと指摘し、オフィスから追い出した。

依頼主の内海が和解しようかと相談に来た。

「それはできません」と甲斐と蟹江が声を合わせて反対した。

小堺経理部長の葬儀の場に向かった甲斐は、小堺の妻と接触し協力を得ようとするが…

蟹江も謝罪に来てしまい奥さんを怒らせてしまう。

「何しに来た。大事な証人をまた失ったんだぞ」と怒る甲斐。

蟹江はランニング中に轟フィナンシャルの弁護士米倉と偶然会い、協力を得ることに成功した。

米倉から裏帳簿を受け取り、轟フィナンシャルに証拠を突きつけた!

しかしそれは、裏切り者をあぶりだすための偽データだと言われてしまう。

「もうお前は何もするな」と甲斐に言われ自信を無くしてしまう蟹江。

藤原と華名の話し合いの仲介をする大輔。

「この子は犯罪者だ、お前が盗んだのは従業員の金だ。今すぐ返せ!」

「あの金は島の人のために使う。パパはいつも逃げてばっかり、ママが死んだときもそうだった。」

感情的に話し合う2人。解決しないまま話し合いは終了してしまう。

その日の夜、ハッキングを駆使して華名がファーム内の大輔のところにやってきた。

「この有名なファームに経歴詐称している弁護士がいるらしいから見に来たの。」とハーバード大の名簿をチェックし、大輔の本名まで調べたうえで、私の件から手を引いてと脅してくる。

その話をアソシエイトの館林がこっそり盗み聞きしていた。

華名に謝罪して和解することを進める大輔だが藤原は「娘を訴える」と言い出してしまう…

甲斐に相談する大輔。

「あの親子の関係修復は不可能です」

「いや、あの親子は大丈夫だ。こっちが恥ずかしくなるほど仲がよかったからな」

その話を聞いた大輔は、もう一度藤原と華名のところに向かおうとするが、甲斐に「こっちの仕事を手伝ってくれ」と頼まれる。

しかし大輔は「いい加減子離れしてくださいよ」と生意気に断る。

その様子を見て甲斐は、大輔を信じて送り出すのだった。

華名のもとに向かった大輔は、藤原との間の誤解を解いていく。

実は華名は環境破壊だけではなく、母親がガンで闘病中にリゾート開発をしたことが許せなかった。

しかし、リゾート開発を望んでいたのは母親で藤原は妻が生きているうちに完成させようとしていたようだ。

誤解が解けた華名はまた父親と話をすることを約束してくれた。

さらに轟フィナンシャルへのハッキングも手伝ってくれることにたなり。甲斐のオフィスでハッキングを行う。

轟社長のクレッジットカードの使い道を調べてくれた。

14回もシンガポールに行き、ホテル、カジノ、マッサージなどにお金をつかっている。とても破産申告をしている会社の社長とは思えない。

帳簿も素早くハッキングしてみると…

蟹江が米倉から入手したものと一致したのだ。とっさに偽物だと嘘をつかれていたことが分かり、甲斐は蟹江を迎えに行く。

真剣で居合切りをする蟹江。「何しに来た」

「チームメイトを呼びに来た。俺はお前を尊敬もしている。必要なデータは手に入れたが、俺は金融犯罪には詳しくない。お前の力が必要だ」と甲斐。

オフィスに戻ると轟フィナンシャルから海外に流れたお金、19億2741万5938円を隠した銀行を探す。

「このチームなら朝までには終わるさ」と甲斐。

翌日証拠をもって轟フィナンシャルに交渉に向かう甲斐と蟹江。

蟹江が証拠を説明すると轟社長はか観念し、全額の返金を約束した。

オフィスでは内海がお礼を言いに来ていた。

たまたま廊下で会った甲斐にお礼を言って帰っていく内海。

その様子を見て、手柄を独り占めされたと思った蟹江はまた甲斐と張り合うのだった。

ついに正体がバレる大輔?

チカのもとに内部告発の手紙が届いていた。大輔が経歴詐称していると。

今ここでハーバード大の卒業生名簿を確認しようとするチカを止める2人。だがチカは大輔のページにたどり着く。

あきらめて観念しようとする2人に「いたずらだったみたい。」と言ってPC画面を見せるチカ。

そこには大輔の写真があり…

チカの部屋から戻る途中、甲斐は「どうやってやったんだよ」と大輔に尋ねる。

「わかりませんよ、ハーバードのアーカイブに侵入するなんて…」

そこで二人はハッカー華名の仕業だと気が付く。

父親との誤解を解いてくれたお礼なのか、データを修正してくれたのだった。

これで今後も安心して弁護士を続けることができる大輔なのであった

月9ドラマ『SUITS/スーツ』6話の感想

甲斐と蟹江のタッグチーム戦、いつもと違う展開で面白かったです。

また砂理は猛アプローチですね。大輔は気づいてなさそうですが…

そしてあのおばあちゃんのレシピノート美味しそうでちょっと欲しいです。

それにしてもライバル同士が組む展開は楽しいですね、蟹江と甲斐のタッグまた見たい・・・、館林の今後の行動にも注目していきたいです!

月9ドラマ『SUITS/スーツ』の7話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、クライアントの『桜庭リゾート&ホテル』社長・桜庭庸司(髙橋洋)に会いに行く。

桜庭は、ここ10年の間に13ものホテルを造り上げており、そのうちの4ヵ所は五つ星の評価を得ることがすでに決まっていた。

そんな桜庭のもとに、大手ホテルグループ『KJO』社長のジーン・クライン(クリス・バテン)から合併の提案があったという。『KJO』の代理人弁護士は、大手ファーム『弁護士法人セイント』に移籍した木次谷公一(橋本さとし)だった。

大輔(中島裕翔)は、司法試験を目指しているものの受験恐怖症に悩んでいた真琴(新木優子)に協力を申し出る。大輔と真琴は、さっそく試験対策に取り組み始める。

同じころ『幸村・上杉法律事務所』では新人弁護士の採用面接が行われていた。そこで大輔は、真琴と談笑していた女性・町田日向子(石橋静河)の姿を見つけ驚く。

実は大輔は、司法試験で日向子の替え玉受験をしていたのだ。事情を知った甲斐は、本人が替え玉のことを話すわけがないから心配ない、と大輔に告げるが……。

甲斐に命じられて『KJO』グループを調べていた大輔は、グループがタイに所有するホテルで従業員のストライキがあったことを掴む。

甲斐は、合併交渉を優位に進めるため、木次谷の息子の替え玉受験をしたことがある大輔をともない、『セイント』を訪れる。そこで大輔は、『セイント』の代表が真琴の父・聖澤敬一郎(竹中直人)であることを知り……。

公式より引用
月9ドラマ『SUITS/スーツ』7話のネタバレあらすじ&感想
月9ドラマ『SUITS/スーツ』7話のネタバレあらすじ&感想

甲斐と蟹江のタッグで20億もの金額を巡る訴訟を見事に解決した前回。 さらに別件で知り合ったハッカーに、ハーバード大の卒業 ...

月9ドラマ日本版『SUITS/スーツ』のあらすじ・キャスト・ロケ地まとめ
【見逃し配信】月9ドラマ日本版『SUITS/スーツ』のあらすじ・キャスト・ロケ地・無料動画まとめ

2018年10月期「月9ドラマ」としてフジテレビより全米メガヒットドラマ『SUITS』を原作とした『SUITS/スーツ』 ...

月9ドラマ『SUITS/スーツ』の見逃し配信・まとめ視聴する方法

FODプレミアム

『SUITS/スーツ』の見逃し配信・まとめ視聴ならFODプレミアムがオススメです。

スマホ・PCから登録するだけで1ヶ月無料で月9ドラマ・バラエティ・アニメなど沢山の動画を楽しむことが出来ます。

無料おためし期間で賢く使うのがお得なのでぜひチェックしてみて下さい!

『FODプレミアム』

  • 月額888円で月9ドラマ・バラエティが見放題!!
  • 人気雑誌の見放題・無料マンガも充実
  • 毎月3回・8の付く日にポイントプレゼント
  • 1ヶ月無料トライアルだけのお試しもOK!!

ポイント

『FODプレミアム』は、月額888円(税抜)でドラマ・バラエティ・アニメ・映画が見放題のフジテレビ・オン・デマンドサービスです。

最新の月9ドラマから、名作の織田裕二主演「東京ラブストーリー」・山下智久主演「コード・ブルー」・小栗旬/石原さとみの「リッチマン、プアウーマン」まで豪華ラインナップ!さらに人気雑誌見放題や、FODプレミアムのオリジナル動画コンテンツも充実!

初回1ヶ月無料が用意されているのでぜひ『FODプレミアム』を試してみて下さい。

オススメ記事

  • この記事を書いた人
chi

chi

アニメとマンガが大好きな理系女子です。 最近はドラマにもハマっており、最新テレビのトレンドはイチ早くチェック。得意なドラマの感想や、アニメ記事をお届けしていきます!

-2018年ドラマ, SUITS/スーツ
-, , , , ,

Copyright© ビデオ・オン・デマンド ジャパン , 2019 All Rights Reserved.