2018年ドラマ SUITS/スーツ

月9ドラマ『SUITS/スーツ』8話のネタバレあらすじ&感想

更新日:

月9ドラマ『SUITS/スーツ』8話のネタバレあらすじ&感想

五つ星ホテルと国際的大手ホテルの合併問題を解決した前回。

司法試験合格を目指し勉強中の真琴は、大輔が替え玉受験をしていたことを知り軽蔑するのだったが・・・。

この記事では月9ドラマ『SUITS/スーツ』8話のネタバレあらすじ&感想をご紹介していきます!

また、月9ドラマ『SUITS/スーツ』の見逃し配信・まとめ視聴はFODプレミアムで配信されています、1ヶ月無料お試しで視聴できるのでぜひチェックしてみて下さい。

見逃し動画配信ならFODプレミアムがオススメ

▼FODプレミアム公式▼

月9ドラマ『SUITS/スーツ』の8話のあらすじ

月9ドラマ『SUITS/スーツ』の8話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、大輔(中島裕翔)、真琴(新木優子)らとともに、大手建設会社『烏丸建設』を相手取った集団訴訟に取り組む。

この案件は、烏丸建設が一時期使用していた有害性塗料による健康被害を訴えた、原告団総勢462人の大きな訴訟だ。だが、一審で東京地裁は原告団の請求を棄却していた。

甲斐たちは、さっそく原告団代表の水原美咲(矢田亜希子)、佐藤鈴子(宍戸美和公)たちから話を聞く。

そこで、一審を担当した原告団の弁護士が、裁判の直前になって過去のスキャンダルで叩かれ、ついには廃業にまで追い込まれていたことを知る甲斐たち。

それには、烏丸建設の顧問弁護士――甲斐の後輩でもあるスタンリー法律事務所の畠中美智瑠(山本未來)が関わっているという噂もあるらしい。甲斐は、美智瑠が代理人となった過去の裁判を徹底的に調べるよう大輔たちに指示した。

一方、大輔とともに甲斐のサポートをしていた健斗(岩井拳士朗)は、膨大な情報を読み込んでいく大輔の姿に圧倒されつつも、真琴に向かってある疑念を口にする。健斗は、以前、大輔が「ダイキ」と呼ばれているのを聞いたことがあるというのだ。

そんな折、甲斐のもとに、突然、美智瑠が現れる。美智瑠は、甲斐たちが作成した原告団情報を含む社外秘の資料を持っていた。何者かから送られてきたのだという。それを受け、チカ(鈴木保奈美)は、蟹江(小手伸也)に情報漏えい者の調査を命じるが……。

公式より引用

月9ドラマ『SUITS/スーツ』8話のネタバレ

集団訴訟の相手弁護士は?

大輔(中島裕翔)は通勤中のパラリーガル・真琴(新木優子)を見つけて話しかける。

「まだ怒ってるよね。言っとくけど、替え玉はもうやってないから」

「内心私のこと馬鹿にしてたんですよね?勉強に付き合う振りをして、本当はこんなことも分からないのかって…」

「それは被害妄想だよ」と否定するが、真琴は素っ気ない態度で去って行ってしまった。

甲斐(織田裕二)は、大輔、真琴、健斗(岩井拳士朗)らとともに、大手建設会社『烏丸建設』を相手取った集団訴訟に取り組むことになった。

この案件は、烏丸建設が一時期使用していた有害性塗料による健康被害を訴えた、原告団総勢462人の大きな訴訟だ。

だが、一審ですでに敗訴していた。

甲斐たちは、さっそく原告団代表の水原美咲(矢田亜希子)、佐藤鈴子(宍戸美和公)たちから話を聞く。

そこで、一審を担当した原告団の弁護士が、裁判の直前になって過去のスキャンダルで叩かれ、ついには廃業にまで追い込まれていたことを知る甲斐たち。

それには、烏丸建設の顧問弁護士で、甲斐の後輩でもあるスタンリー法律事務所の畠中美智瑠(山本未來)が関わっているという。

甲斐は、畠中が代理人となった過去の裁判を徹底的に調べるよう大輔たちに指示した。

一方、大輔とともに甲斐のサポートをしていた健斗は、膨大な情報資料をハイスピードでめくり、読み込んでいく大輔の姿に圧倒される。

「どんな頭してんだよ…」

真琴を部屋の外に呼び出し、ある疑念を口にする。健斗は、以前、大輔が「ダイキ」と呼ばれているのを聞いたことがあるというのだ。

そんな折、甲斐のもとに、突然、美智瑠が現れる。美智瑠は、甲斐たちが作成した原告団情報を含む社外秘の資料を持っていた。

何者かから送られてきたのだという。それを受け、チカ(鈴木保奈美)は、蟹江(小手伸也)に情報漏洩者の調査を命じる。

甲斐は、畠中が原告の暴かれたくないプライベートを指摘してくると予測。

原告代表を務めていた者たちに、つつかれたくない過去がある人は代表を降りるよう説得する。

水原以外の代表たちは降りることになった。

空いた分の原告代表を探すことになり、有害塗料が原因で車いす生活となった柳瀬を訪ねると…

柳瀬は記者を名乗る男に脅されたため、代表にはならないと断る。

その記者に、一緒に住んでいるはずの柳瀬の旦那が発症していないのはおかしい。浮気をしていて、家にいないから発症していないんだろうと…

裁判になれば、その事実が明るみになると脅されたようだ。

記者の名刺を大輔が調べるが、偽装されたものだった。偽の記者まで用意した畠中の強引な手口に驚く。

一方蟹江は、情報漏洩の件を調べていた。漏洩のあった時間にアクセスした人物を調べると…

その時間にアクセスしたのは真琴だけだった。

アクセス履歴があっただけで、犯人扱いされた真琴は蟹江に自宅待機を命じられる。

出ていく真琴を追いかけた大輔は、「俺は信じている」と伝えたが、真琴は素っ気なく帰ってしまった。

大輔の自宅に突然、遊星(磯村勇人)がやって来た。

「俺にこの街で、もう一度やり直させてくれ」と訴える遊星だが、「帰ってくれ」と追い返す大輔。

協力的な蟹江

蟹江から鳥丸建設の富永専務が横領しているという情報を得る甲斐。

早速甲斐と蟹江が鳥丸建設に乗り込むが、富永専務は辞任となり、横領の事実も世間に公表すると…

「うちはクリーンな会社なので」とほほ笑む畠中。

せっかく蟹江がつかんだ弱みも一瞬で振り出しに戻ってしまった。

そんな中、チカから慌てた様子で甲斐に連絡が来る。

「甲斐、どうなってるの?原告たちが次々と訴訟から降りるって言ってる!どうにかして!」

苦戦する甲斐。

「君の後輩弁護士だったか。まるで君と戦っているようだよ」と蟹江も言い出す…

真琴の解雇が決定した。本人も解雇を受け入れているという。

玉井(中村アン)に相談すると「本人もこのファームに嫌気がさしているんじゃない?」と。

しかし、今回のログ自体が改ざんされたものだとしたら…もう一つ前のログを解析すれば真犯人が分かるかもしれない。

玉井の協力で、調べた結果新たな事実が判明した!

「聖澤さんのこと守ってあげてくださいね」と玉井。

大輔から連絡を受けた真琴がファームにやってくる。

消されたログは改ざんされたもので、真犯人は健斗だということが判明した。

「このままくすぶっていたくなくて、そんなときに声をかけられて…」と自白を始めた。

健斗をそそのかしたのはスタンリー法律事務所の男だとわかり、この件にも畠中が関与していることが判明する。

和解交渉

集められた原告たちに聞こえるように畠中は話し出す。

「今なら一人100万円で和解に応じられます。これが最後のチャンスです。」

ホワイトボードに自信のケータイの番号を書き、和解したい人は連絡をしてほしいという。

畠中の動きを受けて、ほとんどの原告が和解を受け入れたいと言い始める。

「今回は甲斐の負けね」とチカが諦めて言う。

しかし甲斐は何か策があるのか、大輔に富永元専務と原告たちを呼ぶよう命じる。

原告との和解交渉の日。

鼻中と、烏丸建設の社長が会場に訪れるが原告は一人も来ていない。

いたのは原告代表の水原だけだ。

今回問題になっている塗料は有害性を認められて2013年から使用が禁止されている。

しかし水原が自宅を購入したのは2014年。

水原が該当者ではないということを指摘しない畠中に違和感を感じていた甲斐。

その理由は、違法な塗料を使い続けていたからである。

「元専務の富永さんがすべて話してくれました」と真琴が言いながら、富永と一緒に部屋に入ってきた。

富永専務も禁止以降も塗料を使用していたことを認めており、裏が取れていた。

和解したがる社長に対し、甲斐は「和解には応じませんよ。うちはクルーンな事務所なので」と。

これで原告側の完全勝利となった。

蟹江の後始末…

退職願を蟹江に提出した健斗。

「私がなぜ君に厳しく接していたかわかるかね?それは君に期待していたからだよ。今回の件は明るみにはならない。仕事で挽回したまえ」

そういって健斗をはぐする蟹江。

本音は、「こんなものを出されたら私の首が飛ぶではないか」だった。

次に真琴が現れて、「今回の件は災難だったな」という蟹江。

「それだけですか?昇給を要求します。今の給料に10%上乗せを。」

蟹江は値切るが10%を譲らない真琴に負けて了承する。

さらに謝罪も要求するのだった。

蟹江のオフィスの前で待っていた大輔とハイタッチを交わす。

残業中の大輔に差し入れを買いに行く真琴。なんと沙里も手作りの夜食を届けに来ていて、しかも大輔にキスをする。

それを見た真琴は呆然と立ち尽くしていた…

月9ドラマ『SUITS/スーツ』8話の感想

甲斐の後輩畠中との攻防戦。かつて自分が育てた相手に苦戦する甲斐でしたが、アソシエイトや蟹江の協力もあり、解決することができました。

ビリヤードをしながら駆け引きする様子がオシャレですね。敵対しながらも良好な関係を保っていて、大人だなと感心しました。

沙里と真琴の水面下でバチバチした雰囲気も今後の展開も楽しみです。

月9ドラマ『SUITS/スーツ』の9話のあらすじ

月9ドラマ『SUITS/スーツ』の9話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』の経営にも参画するシニアパートナーへと昇格する。そのお披露目パーティーの席上で、チカ(鈴木保奈美)は、『YURI綜合会計事務所』所長の華村百合(石田ひかり)と、同事務所のエース会計士・大河原忠(西村まさ彦)を甲斐に紹介する。

百合の事務所は、『幸村・上杉法律事務所』の顧問会計事務所であり、クライアントでもあった。しかも百合は、チカの大親友なのだという。そこで百合は、チカと甲斐に、大河原を解雇したいから助けてほしい、と頼む。

甲斐は、大輔(中島裕翔)を連れてファームに戻ると、百合の事務所の定款と雇用契約書を頭に叩き込めと指示する。実は大河原は、出身大学を偽り、無資格にも関わらず会計士として働いていたのだ。それを知った大輔は、大河原と自分の境遇を重ねてしまい、なかなか仕事に集中できない。

あくる日、甲斐は、大河原を呼び出し、解雇を告げる。百合の事務所は大河原を訴えず、十分な額の退職金も用意するという条件だった。しかし、25年も事務所に尽くしてきた大河原は突然の解雇に納得できない。そのやり取りを聴いていて我慢できなくなった大輔は、これまでの功績を考えればこんな解雇の仕方なんておかしい、一度百合と話し合うべきだ、とつい口をはさんだ。すると大河原は、大輔に同調して百合を批判し、不当解雇で訴えると言い残して席を立ってしまう。

公式より引用
月9ドラマ『SUITS/スーツ』9話のネタバレあらすじ&感想
月9ドラマ『SUITS/スーツ』9話のネタバレあらすじ&感想

集団訴訟を甲斐の後輩弁護士と争い、逆転勝ちした前回。 沙里が大輔にキスをして…今後この二人の恋愛は始まるのでしょうか? ...

月9ドラマ日本版『SUITS/スーツ』のあらすじ・キャスト・ロケ地まとめ
【見逃し配信】月9ドラマ日本版『SUITS/スーツ』のあらすじ・キャスト・ロケ地・無料動画まとめ

2018年10月期「月9ドラマ」としてフジテレビより全米メガヒットドラマ『SUITS』を原作とした『SUITS/スーツ』 ...

月9ドラマ『SUITS/スーツ』の見逃し配信・まとめ視聴する方法

FODプレミアム

『SUITS/スーツ』の見逃し配信・まとめ視聴ならFODプレミアムがオススメです。

スマホ・PCから登録するだけで1ヶ月無料で月9ドラマ・バラエティ・アニメなど沢山の動画を楽しむことが出来ます。

無料おためし期間で賢く使うのがお得なのでぜひチェックしてみて下さい!

『FODプレミアム』

  • 月額888円で月9ドラマ・バラエティが見放題!!
  • 人気雑誌の見放題・無料マンガも充実
  • 毎月3回・8の付く日にポイントプレゼント
  • 1ヶ月無料トライアルだけのお試しもOK!!

ポイント

『FODプレミアム』は、月額888円(税抜)でドラマ・バラエティ・アニメ・映画が見放題のフジテレビ・オン・デマンドサービスです。

最新の月9ドラマから「テラスハウス」、名作の織田裕二主演「東京ラブストーリー」・山下智久主演「コード・ブルー」・小栗旬/石原さとみの「リッチマン、プアウーマン」まで豪華ラインナップ!さらに人気雑誌見放題や、FODプレミアムのオリジナル動画コンテンツも充実!

初回1ヶ月無料が用意されているのでぜひ『FODプレミアム』を試してみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

  • この記事を書いた人
chi

chi

アニメとマンガが大好きな理系女子です。 最近はドラマにもハマっており、最新テレビのトレンドはイチ早くチェック。得意なドラマの感想や、アニメ記事をお届けしていきます!

-2018年ドラマ, SUITS/スーツ
-, , , , ,

Copyright© ビデオ・オン・デマンド ジャパン , 2019 All Rights Reserved.