2018年ドラマ 忘却のサチコ

【実写ドラマ】『忘却のサチコ』9話のネタバレあらすじ&感想

更新日:

【実写ドラマ】『忘却のサチコ』9話のネタバレあらすじ&感想

さて今回は一部で神回と呼ばれているまさかのミュージカル編だった。ジーニアス黒田先生の再登場です。

前回から幸子の妄想が変な方向に広がって、さらにおもしろさが増した実写ドラマ『忘却のサチコ』、第九歩「がっつり! ヘルシー! 癒やしのジンギスカン」ネタバレあらすじ・感想をお送りします。

また、『忘却のサチコ』の見逃し配信・まとめ視聴はU-NEXTでも配信されています、31日間無料で楽しめるのでぜひこちらもチェックしてみて下さい。

見逃し動画配信ならU-NEXTがオススメ

▼U-NEXT公式▼

『忘却のサチコ』9話のあらすじ

第九歩「がっつり!ヘルシー!癒しのジンギスカン」

文芸誌編集者・佐々木幸子(高畑充希)から引きこもりのライトノベル作家・ジーニアス黒田(池田鉄洋)の担当を引き継いだ新人編集部員・小林心一(葉山奨之)は、ジーニアスからのあるお願いをされて頭を抱えていた。

ジーニアスはかねてより大ファンだったアイドル・桃乃もぎか(岩田華怜)との対談が実現することになり有頂天だったが、自分の見た目に自信が持てないことから小林に自分の替え玉をやってくれと頼み込んでいた。

ジーニアスの無茶なお願いを断るために幸子と共に家を訪ねる小林だったが、何故か事態は意外な展開に…果たして“マル秘 ジーニアス変身計画“とは!?

そして、ジーニアスは無事に憧れのもぎかと対談できるのか!?

さらに、幸子の妄想がさらに暴走!!俊吾とまさかの禁断の兄妹愛!?

秋田で50年愛される、ご当地パンも登場!

今回の忘却グルメは、がっつりだけどヘルシーな“ジンギスカン”!

公式より引用

【実写ドラマ】『忘却のサチコ』9話のネタバレ

小林の苦悩

ある日の中学館文芸部編集部。佐々木幸子(高畑充希)がテキパキ仕事するとなりのデスクでため息を連発する新人・小林心一(葉山奨之)。

「小林さん大きいため息12回。小さいため息が6回。合計18回のため息が出てますよ」

小林は幸子から引き継いだ担当のジーニアス黒田の無理難題に悩まされていた。

アイドル歌手の桃乃もぎか(岩田華怜)との対談を申し込まれたが、自分の容姿に自身がない黒田は小林に替え玉になってくれと言って聞かない。

幸子は小林と一緒に黒田の自宅へ向かう。

前回で幸子には頼らないと決めたのに早速頼っている小林だった。

黒田は始め「替え玉にならないと、原稿書かないからな」

と今日はまがいに脅し、強圧的だったが、次は土下座した。

「こんな姿でもぎかちゃんの前に出て行けるわけがない!」

ともぎかに素顔をさらすのに恐怖する黒田だった。

幸子はもぎかは黒田の作品のファンであって、姿は関係ないのでは? と言った。

「先生は先生のままでいいんです」

と言ったが黒田は、

「俺ダイエットする。作品だけじゃ無くて、俺自身ももぎかちゃんに好きになってもらいたい」

幸子は全力で黒田のダイエットをサポートすることを誓う。

翌朝、幸子は模造紙に1日の時間割と献立表を書いて壁に貼った。

近隣スーパー3軒の食材のラインナップと黒田の身長体重と年齢で適性カロリーを割り出したのだった。

「そこまでしてくれたの……」

感激した黒田。

「先生。ダイエットに大事にのは3つの柱です。

  • 1・バランスのとれた食事
  • 2・規則正しい睡眠
  • 3・適度な運動

夜は11時までには寝てくださいね」

「やっぱり運動か。運動俺苦手なんだよな」

小林は格闘技のダイエットのDVDを取りだしたが黒田は苦い顔をした。

「やっぱり痩せるのは不可能」

黒田はやる前から根をあげようとする。

幸子はもぎかの新曲「理想の彼氏はあなただピョン」の振り付けを完璧に覚えていた。

「全て身体に叩き込んで参りました」

黒田もつられて踊り出す。

「いつも内気でセリフ少ないけどあきらめないで」

幸子は言った。

「この曲に出てくる理想の彼氏はどんな逆境にも負けない心の持ち主です」

「今まさに運動から逃げ出したいと思っているジーニアス先生への応援歌なのではないでしょーか?」

その後10曲も踊った黒田に小林は関心した。

「もう軽いコンサート状態でしたね」

アベックトーストを味わう

近所の公園で一服する幸子と小林。小林はアイドル歌手随一のラブソングの歌い手と呼ばれるもぎかを絶賛した。

「それにしてもおもしろい歌ばかりですよね」

「といめんでハニカミング」

「早くキテキテ王子様」

いろいろな恋のシュチュエーションがある中で、妹が兄に恋心を抱く歌「あなたは私のお兄ちゃん」で幸子の妄想が広がっていく。

実は俊吾(早乙女太一)は実の兄であったという妄想だ。

俊吾はアラビア風の衣装に身を包んでいる。

幸子の母・佐々木和代(ふせえり)が結婚前、外国旅行に行った時に知り合った男性が実はさる国の王子様で、俊吾を産んだもの結婚できずなくなく俊吾を置いたまま日本に戻ってきて、幸子の父と再婚したというものだ。

禁断の血が繋がった兄妹の愛。

昔、山口百恵主演の大映テレビのドラマとかでありがちな設定だ。

「いかん。この前から頭の中が暴走している——」

こんな時、いつも幸子はおいしものを食べることにしている。小林は秋田県川尻町たけや製パンのの「アベックトースト」を幸子に差し出した。

甘酸っぱいイチゴジャムとマーガリンが絶妙な分量で配合されている。そのマッチングでアベック。なぜかトーストされていないのにトーストと名がついていて。地元では50年も愛されている逸品だ。

対談当日

対談の当日になって幸子は黒田を見て驚いた。

「先生、先日まで順調に体重が落ちていた筈ではなかったのでは?」

黒田はすっかり元の体重・元の姿に戻っていたのだった。

「すまない……。言われたとおりに食事して、ダンスも1日3回踊ったのに……」

もぎかが牛丼のCMに出演して、

「牛丼一筋150年。お腹いっぱい食べる人好き好き大好き」

なんて言うもんだから、無意識に気がついたら持ち帰りの牛丼の容器の空が山のよう溜まっていた。ついでに身体にも肉と脂肪がたっぷり溜まった!

「小林はどこ? やっぱり替え玉を頼むしかない」

幸子は小林からのメールを見せた。小林は急な腹痛で病院にいると言う。

幸子はテレビのヒーローのおめんを被った男の子とすれ違い、思いつく。

黒田は鹿のお面を被ってもぎかと対面した。

あこがれのもぎかの前で緊張し、声も小さくてカチコチの黒田。

もぎかは

「私はいつも先生の作品から元気をもらっているんです!」

と言われ有頂天に。

「元気をもらっているのは僕の方です。デビュー曲の時から好きで作品のヒロインももぎかさんを」

モデルにしています。対談のお話をもらって信じられないくらいうれしくて……」

とまくし立てると、もぎかの表情が固まった。

「……スミマセン。キモいですよね」

もぎかは黒田の手を握った。

「桃乃カンゲキです。先生のこともっと知りたいです」

2人の対談はうまくいった。立ちっぱなしだった幸子は消耗していた。おいしいものが必要だ。

癒やしのジンギスカン

幸子が足を止めたのは新宿百人町のジンギスカン料理の店「土木土木」。

カップルと相席になった。

カップルの女性はぽっちゃり系だった。

焼き肉は太るからと躊躇する女性に彼氏は

「ハニーちゃん。羊の肉は太りにくいんだから一杯食べていいんだよ」

と勧めた。

幸子は黒田にジンギスカンを勧めればよかったんだと後悔した。

ぽっちゃり女子が一人でジンギスカンを頼む幸子を見て、

「よく一人でこれるわね。私なんか絶対ムリ」

幸子は自分がなんでも一人でできてしまうからかわいげがないんだと思う。

そして、妄想の中に入り込み、なにも出来ずに俊吾に甘えるキャラに変身した。

「ああ、お魚の目がこっちを見ている怖ーい」

「いいんだよハニーちゃん。パフェ食べよ」

俊吾がスプーンで口に入れてくれる。

そこへ、黒づくめの怪盗ルパンのような白井智昭(吹越満)編集長が現れて、幸子に仕事しろと迫ってきた。

「オジサン、こわーい!」

幸子は俊吾にすがりつく。

俊吾は仕事も自分がやると言う。

(何もできないと甘えてたら俊吾さんは私のそばにいてくれた? でもそれだと私じゃない)

幸子は火の通った鉄板に脂を塗った。野菜をのっけて、その上に肉。「おいた瞬間からできあがりが待ち遠しい。食欲をそそるいい香り」

「まず独特の野性味のある肉。スタミナたっぷり! これは御飯が必要ね」

お肉の脂を吸い込んでいくらでも食べられるもやし。まさに無限もやし。お行儀悪いけど、ライスの上にお肉をのっけて——。

「もうどうにも止まらない。幸子、困っちゃう」

幸子は肉、野菜、ごはんを追加。

「すごい食べっぷりだ」

関心するカップルの男性。ハニーちゃんも5人前追加した。

「羊さんモンゴルの大平原が祝福してくれています」

幸子の頭の中でメリーさんの羊がリピートするのだった。

編集室にて

帰ってきた幸子がデスクでパソコン作業をしている。戻ってきた小林が謝った。病院で薬をもらって腹痛はおさまったようだ。

「すみません。佐々木さんに頼ってばかりで……」

「頼られるのも教育係の仕事のうちです」

「お詫びにこれからごはんでもどうですか?」

「もう済ませてきました」

小林はジンギスカンの匂いに気がついたのか、

「あれ? なんか野性味のある匂いが……」

幸子は黒田に用意した鹿のお面を出してごまかした。

デザートなら食べられると、小林の誘いにのる幸子だった。

【実写ドラマ】『忘却のサチコ』9話の感想

だんだん親密になってくる幸子と小林。これからどうなっていくのでしょうか? 

でも幸子の恋人としてはちょっと頼りないかなあ。小林さんの奮起と成長を期待したいです。

次回はどんなおいしいものと妄想が飛び出してくるか楽しみです。

『忘却のサチコ』10話のあらすじ

第十歩「老舗の味!お月見オムライス」
幸子(高畑充希)は、編集長(吹越満)から勧められ、文芸誌の編集者が“恋愛小説”について語り合うネット配信番組に参加することに。

会場に着いた幸子の前に現れたのは、ライバル誌の編集者・尾野真由美(佐藤めぐみ)であった。尾野は幸子を一方的に敵対視していて…生配信の討論会で幸子に恥をかかせようと画策するが!?

討論会ではまたまた幸子の妄想が止まらない!!
幸子のピンチに、俊吾(早乙女太一)が宇宙から駆け付ける!?

今回の忘却グルメは有名老舗店の昔懐かしい洋食グルメ!
ふわっ!トロッ!名物オムライスに身も心も満たされる!

公式より引用
【実写ドラマ】『忘却のサチコ』あらすじ・キャスト・ロケ地・忘却メシの場所まとめ
【見逃し無料動画】実写ドラマ『忘却のサチコ』あらすじ・キャスト・ロケ地・忘却メシの場所まとめ

2018年1月に放送された、高畑充希さん主演のスペシャルドラマ「忘却のサチコ」が実写連続ドラマになって帰ってきました。 ...

【実写ドラマ】『忘却のサチコ』の見逃し配信・まとめ視聴する方法

U-NEXT

『忘却のサチコ』の見逃し配信・まとめ視聴ならU-NEXTがオススメです。

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作までスマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービス。

31日間無料体験があるので期間内だけお試し登録する使い方もオススメです、ぜひ無料登録してみて下さい!

『U-NEXT』

  • 日本最大級の動画サービスが月額1,990円
  • 最新映画にも使える600ポイントプレセント
  • 1契約で4アカウントまで利用可能
  • 映画や書籍に使える1,200ポイントを毎月プレゼント
  • 31日間無料トライアルだけのお試しもOK!!

ポイント

『U-NEXT』は、月額1,990円で国内外のドラマ・映画を見放題な日本最大級のビデオ・オン・デマンドサービスです。

見放題作品&レンタル作品合わせて14万本以上のボリューム!カテゴリも国内外ドラマ・映画・アニメ・成人コンテンツまで用意され、さらに読み放題の雑誌や毎月映画チケットと交換できる1,200ポイントプレゼントも!

31日間無料トライアルとすぐ使える600ポイントも用意されているのでぜひ『U-NEXT』を試してみて下さい。

オススメ記事

  • この記事を書いた人
ま、いっかけん

ま、いっかけん

毎日のドラマ・週末の映画はかかせません。 最新エンタメ、テレビドラマ、バラエティ、芸能、漫画が得意なライターです。ドラマ内容や感想を分かりやすくお届け致します。

-2018年ドラマ, 忘却のサチコ
-, ,

Copyright© ビデオ・オン・デマンド ジャパン , 2019 All Rights Reserved.