VOD比較

『dTV』の特徴と口コミ評判・実際に使って分かったメリット・デメリット

更新日:

『dTV』の特徴と口コミ評判・実際に使って分かったメリット・デメリット

NTTドコモが提供する動画視聴サービス『dTV』を利用してみました。

ドコモユーザーでなくても月額500円(税抜)で約12万本の動画を楽しむことができ、課金すれば最新作も見られる『dTV』は話題の4K画質に対応した作品があったり動画のダウンロードができたりするのも嬉しい点です。

見放題にはマンガもあり、動画配信では珍しいフィットネス専門のチャンネルも用意されているなど、家族で楽しめるのも特徴。

この『dTV』の特徴と口コミ評判・実際に使って分かったメリット・デメリットご紹介します!

マロン
月額500円でコスパ最強の動画視聴サービスですっ!!
『dTV』には31日間の無料体験があり、期間中に解約すれば0円でお試し可能です。
管理人

ドコモの動画視聴サービス『dTV』

▼dTV公式▼

動画視聴サービス『dTV』の特徴

dTV

株式会社NTTドコモが提供する『dTV』は、以前は「dビデオ」という名称で利用できるのもドコモユーザーに限られていましたが、2015年より現在の『dTV』になりドコモユーザーでなくても誰でも契約が可能になりました。

500円(税抜)の月額料金はビデオ・オン・デマンドサービスの中でもダントツの安さで、コスパの良さから会員数もほかのサービスに比べると圧倒的に多くなっています。

見られる動画は約12万本。洋画や邦画のほか、アニメにフィットネスにミュージックビデオまで幅広くラインナップ。

国内・海外ドラマも人気作から旧作まであり、韓流・華流もしっかり押さえているのが良いですね。

また、『dTV』の特徴はミュージックビデオの多さ。

特に運営元であるエイベックスに所属するミュージシャンのビデオやライブ動画などが多く、配信も早いのですぐに視聴できるので音楽が好きな人にはより満足できるサービスです。

ほかにも、話題のドラマや映画とコラボしたオリジナル作品も豊富で、アニメやバラエティなどジャンルもさまざま。家族みんなで楽しめる作品が揃っているのが『dTV』です。

配信されている動画はダウンロードが可能なものが多くあり、家で観ていた動画を気軽に持ち運べるのも嬉しい点。

パソコンやテレビ、もちろんスマホでも視聴可能で、場所を問わず動画を楽しめるのは嬉しいですね。

『dTV』の特徴
料金(月額)500円(税抜)
無料お試しあり(31日間無料おためし)
動画約12万本
登録できるアカウント数1つの契約につき1つまで
デバイステレビ・スマートフォン・タブレット・パソコン
画質HD(720p)※ 一部4K画質に対応した作品あり
サービス開始時期2015年
マロン
月額500円の安さもあり利用者数はとても多いんですっ
無料体験期間も長く、オリジナルコンテンツや動画内容も他サービスに負けないボリュームが魅力ですね
管理人
▼dTV公式▼

『dTV』を利用するメリット

『dTV』を利用するメリット

月額500円(税抜)でコスパがいい

『dTV』の料金は月額500円。税込みでも540円とワンコインと変わらない安さで動画を楽しめるのが特徴です。

ビデオ・オン・デマンドサービスの中で老舗の『U-NEXT』は月額1,990円(税抜)、『Netflix』は一番安い「ベーシック」が800円(税抜)、『Hulu』は933円(税抜)と、有名なサービスと比べてもダントツの安さ。

「安いなら中身もそれなりなんじゃないの?」と思うかもしれませんが、『dTV』が配信している動画数は約12万本あります。

映画やアニメ、ドラマにバラエティにオリジナルコンテンツも豊富に揃っていて、世代を問わず楽しめます。

音楽が好きな人にはたまらない、ミュージシャンのミュージックビデオやライブの動画も2万本以上が配信されており、またカラオケまであるなど、月額500円(税抜)でコスパが良いのが『dTV』の最大のメリットです。

ドコモユーザーでなくても契約できる

『dTV』と名称が変わる2015年以前は、「dビデオ」としてドコモユーザーのみ利用が可能なサービスでしたが現在は誰でも契約が可能になっています。

ほかの携帯キャリアを使っていてもOKで、もちろん格安SIMでも大丈夫。『dTV』単体で契約でき、『dTV』の視聴以外で料金が発生することはありません。

携帯キャリアに関係なく見放題サービスを利用できるのは嬉しいですね。

約12万本の動画が見放題

『dTV』で配信されている動画は約12万本。

配信されている主なジャンル

  • 洋画
  • 邦画
  • アニメ
  • 国内・海外ドラマ
  • 韓流・華流ドラマ
  • フィットネス
  • ガールズ
  • キッズ
  • 教養・バラエティ
  • オリジナル
  • ミュージック

上記のように沢山のジャンルがあり、ほかのサービスにはない「フィットネス」専門のチャンネルや「ミュージック」ではエイベックス所属のアーティストを中心に2万本以上の動画を視聴できるなど、誰でも楽しめる作品が揃っています。

海外ドラマでは話題の最新シリーズをいち早く配信したり、ほかのサービスでは数が少ない韓流・華流ドラマも豊富に揃っているなど、映画以外のコンテンツも充実。

オリジナルコンテンツでは、人気の作品とコラボしたオリジナルのドラマやアニメも好評で『dTV』でしか観られない貴重な作品も多くあります。

コンテンツ一覧からは最新のニュース動画も観ることができて、一日中『dTV』だけでOK、なんて過ごし方もできますね。

また、見放題だけでなく課金すれば新作も視聴が可能、ドコモユーザーなら「dポイント」で支払ったりキャリア決済でスマホの料金とまとめて決済できるなど、気軽に利用できます。

4K画質にも対応・動画をダウンロード視聴も可能

話題の4K画質にも『dTV』は対応しています。

作品は限られますが、4K画質に対応したデバイスならフルHDよりさらに鮮明な画像で動画を楽しめ、さらにダウンロードも可能なので通信料を気にせず外出先でも観ることができます。

ほかにも『dTV』を観られるデバイスは、テレビ・パソコン・スマホ・タブレット。

ひとつのアカウントにつき5台までデバイスの登録が可能なので、スマホやタブレットに専用のアプリをインストールしておけば移動中でもスムーズに動画の続きを視聴できます。

『dTV』を利用するデメリット

『dTV』を利用するデメリット

映画の作品数が少ない

『dTV』で配信されている動画は約12万本ありますが、洋画や邦画などの映画に関しては数が少なめです。

古い作品でも課金しないと観られないものが多く、見放題だけで楽しもうと思うとストレスを感じるかもしれません。

また、コンテンツの一覧から見放題だけをソートする機能がないので、課金コンテンツとごっちゃになった中から観たい作品を選ぶのが大変・・・ということもあります。

ひとつの動画を複数で同時に視聴できない

『dTV』のデメリットは、ひとつの動画を複数のデバイスで同時に視聴できないこと。

家族がテレビで観ている作品を自分のスマホで楽しもうと思ってもできなかったり、観たい作品を誰かがパソコンのブラウザで視聴していればテレビでは観られないなど、制限があるのはユーザーにとって厳しい点です。

どうしても複数デバイスで見たい場合は、タイミングをずらす・ほかの動画を探すなどで回避することはできるので上手な使い方を探してみたいですね。

『dTV』を実際に使ったユーザーの良かった口コミ・悪かった口コミ

『dTV』の良かった口コミ

dTVに登録して1ヶ月がたちます。dTVの良かった点は沢山あります。好きなアーティストのライブ映像が豊富にあり、たっぷりと楽しむことができました。ジャンルごとのランキングが載っているので、それを目安にして映画やドラマなど良い作品を見つけることができるのも魅力です。また《あなたにおすすめ》の動画が出てくるので、少々面倒くさがりの私には手軽に自分の好きなので映像を楽しむことができていつも助かっています。
dTVの最大の魅力は手持ちのスマートフォンで手軽に動画を見ることが出来るという点だと思います。私は大手の携帯会社と契約しているので、月々どれだけパケットを使用しても定額なので、dTVを出先でもフル活用しています。月額料金は500円台とほかの配信動画サービスと比較してもかなり良心的な料金設定だと思います。特に家計を圧迫することもないのでこれからも使っていく予定です。
dTVを利用して数年たちますが、解約しようと思ったことがないので基本的にはメリットが多いように感じます。さっそく良い点をあげていきます。やはりdTVといえば作品数の多さだと思います。特に韓国ドラマの作品数はかなり多いと思います。その他にもコンテンツのジャンルが多岐に渡っているので子供はアニメ、ママはドラマ、パパはスポーツ、そして家族みんなでドキュメントなどと皆で楽しむことができます。そして月額が他の動画配信サービスに比べて断然安い点です。画質を選択してダウンロードもできるのでスマホやタブレットに落としておけばいつでもどこでも見ることができます。当然アプリもあって操作もしやすくサクサク動くのでストレスなく見ることもできます。月額はdポイントにも加算されているので貯めている人にはお得です。
dTVの良かった点 :月額料金も比較的安く、かつ、31日間の無料体験期間もあるので気軽に始められる点は良いなと思いました。ジャンルも多岐にわたっているので、子どもから大人まで楽しめると思います。ダウンロードの仕方も簡単でオフラインでも見ることができます。日本のドラマ等のオリジナル作品もおもしろいものがいくつかあり良いと思います。画質も問題なくきれいに見られるのは良いですね。
使ってみて微妙な点を挙げるなら視聴機器の登録が5台までしかできないことと同時視聴ができないことだと思います。それとここ最近新しい作品は有料コンテンツになっていることです。とはいいながらも数年間、問題なく利用でいているので基本的にはオススメできるかと思います。
dTVの良かったところは圧倒的なコストパフォーマンスの高さです。一番最初にhulu、次にU-NEXTとVODを使い変えてdTVを使用したんですが、値段がワンコインと非常にリーズナブルながらそこそこ見放題作品もあり、更に課金すれば新作も視聴できるということで、それまではVODを使いながらもレンタルDVDに行く事はありましたが、dTVを使うようになってから完全にレンタルDVDショップには行かなくなりました。
私がdTVを利用したきっかけは以前から気になっていた海外ドラマがありそのドラマが見れたことです。ほかにも利用し始めると以外とアニメ作品や邦画洋画なども幅広く種類があり気になる作品が多かったです。短期間の利用の予定で会員登録しましたが、1年以上は契約していました。1つの作品を見終わっても気になる作品が頻繁に更新されているからです。アニメに関しては昔の懐かしい作品もあり、意外と見ていない作品もあったのでよく見ていました。また、昔の作品だけではなく映画やアニメの割と最近の作品も期間限定ですが配信されます。

『dTV』の悪かった口コミ

dTVの悪かった点は、ドラマや映画、ライブ映像全てにおいて、最新の動画が少ないと感じました。例えば、今シーズンの見逃したドラマをdTVで見ることは出来ません。もう少し最新の動画が揃っていると、もっと活用できると思います。
dTVのデメリットは映像がきれいな分、ひとつひとつの配信動画をストリーミングで見る場合、やや映像がカクつくところです。高速Wi-Fiのような快適なインターネット環境があれば問題ないのですが、4Gでお昼時となるとやはり厳しいものがあります。
dTVの悪かった点:他の動画配信サービスでは字幕でもオリジナル言語以外を選択できるものもありますが、それができなかったのが残念でした。あと、おもしろそうな作品はレンタルで見放題の作品数が少ないなと思いましたが、月額料金の安さを考えれば許容範囲内かと思います。
dTVの悪かったところは見放題作品の少なさです。安いのでそこまで大きな不満という事ではありませんが、見たい作品が有料である場合が多いのでどうしてもお金がかかってしまいやすく、結局月に1000円以上使っていたりする月も多かったです。
dTVは作品数が多いですが最新作を見たい場合追加で料金がかかったり、期間限定でしか見れなかったりするのでその点が少しがっかりでした。

まとめ

dTV

『dTV』の特徴や口コミ評判についてまとめましたが、こんな方にオススメです。

こんな方にオススメ!

  • 月額500円でコスパの良いVODを使いたい
  • 動画視聴だけでなく音楽も楽しみたい
  • dTVオリジナルコンテンツに興味がある
  • 31日間の無料体験で『dTV』を試してみたい

 『dTV』は、月額500円(税抜)と圧倒的な安さで約12万本の動画を楽しめるのが魅力的なVOD(ビデオ・オン・デマンド)です。

映画にドラマ、アニメにバラエティなどジャンルも豊富で、特にミュージックビデオやライブ動画はほかのサービスよりかなり充実しているのも良い点。

人気の作品とコラボしたオリジナルコンテンツもたくさんあり、最新のニュースも配信されているので一日中飽きずに視聴を楽しめます。

31日間の無料期間で解約すれば0円でお試しできるので、気になる方はぜひ『dTV』の無料体験を使ってみて下さい!

ドコモの動画視聴サービス『dTV』
  • 月額500円で12万作品が見放題!!
  • スマホ・タブレット・PC・TVで視聴可能
  • ダウンロード視聴作品でオフライン再生も!
  • 31日間無料トライアルだけのお試しもOK!!
▼dTV公式▼

オススメ記事

  • この記事を書いた人
管理人

管理人

『ビデオ・オン・デマンド ジャパン』の管理人です。このサイトではドラマ・バラエティ・アニメ・映画・スポーツにオススメな動画視聴サービスVOD(ビデオ・オン・デマンド)比較、紹介された情報まとめをご紹介しています。

-VOD比較
-,

Copyright© ビデオ・オン・デマンド ジャパン , 2019 All Rights Reserved.