2018年ドラマ リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~

木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』5話のあらすじネタバレ・感想

更新日:

木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』5話のあらすじネタバレ・感想

さて、今回は第1回で小鳥遊翔子とポチこと青島圭太が初めて出会ったいきさつの銚子の崖と、青島が京極事務所に来る前に関わった事件を扱います。

1度あきらめていた裁判に青島はリベンジすることができるでしょうか。

それでは、木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』5話のあらすじネタバレ・感想をお送りします。

また、『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』の見逃し配信・まとめ視聴はU-NEXTでも配信されています、31日間無料で楽しめるのでぜひこちらもチェックしてみて下さい。

見逃し動画配信ならU-NEXTがオススメ

▼U-NEXT公式▼

木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』5話のあらすじ

木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』5話のあらすじ

「勝つまで戦うの」――。小鳥遊翔子(米倉涼子)の言葉に背中を押された青島圭太(林遣都)は、以前から抱えていた案件を逆転勝訴に導くため立ち上がる。

その案件とは、人気学生ベンチャー企業で代表を務める大学生・町村誠(瀬戸利樹)が激しい暴行を受け、重傷を負った事件。凶器から指紋が検出されたため、町村の幼なじみで同級生の武藤正洋(戸塚純貴)が傷害容疑で起訴され、青島が弁護することになったのだ。

ところが、事件前に町村が企業の解散を提案していたことから、検察側は「異を唱える武藤が暴力行為をエスカレートさせた」と主張。

さらに、町村自身が「武藤から暴行を受けた」と証言したため、武藤は一審で実刑判決を受けることに…。その後、ネットの誹謗中傷にも耐えながら息子の無実を証明しようと戦っていた母・武藤望(片岡礼子)が自殺するという悲劇までも招き、青島はずっと胸を痛めていたのだった――。

 青島は控訴審に向け、翔子率いる「京極法律事務所」のメンバーにも協力を仰ぎ、有利となる証拠を集めようと駆け回る。だが、武藤の父・紘一(志垣太郎)は「お前らなんかに息子は救えない」と一刀両断。あれほど無実を主張していた武藤自身もすっかり自暴自棄に陥り、青島に背を向け続け…。

 そんな苦しい状況下でも諦めず、青島を鼓舞し続ける翔子。一方、「京極法律事務所」のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)は、謎に包まれていた翔子の過去を突き止め…!?

木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』5話のネタバレ

青島、1度あきらめた裁判にリベンジする

前回の峰島興業の会長の遺産相続をめぐる裁判で敗訴したせいか京極法律事務所には全く依頼が来なくなり、メンバーは暇そうです。

1人青島圭太(林遣都)だけが、抱えていた案件の控訴趣意書の期限が来ていて忙しそうだ。青島は小鳥遊翔子(米倉涼子)に勝つまで戦えと言われ、もう絶対に負けられないと意気込んでいる。

傷害事件は4月18日に起きた。

帝国大学4年生の町村誠(瀬戸利樹)は崖下の海辺で50カ所の刺し傷や打撲痕のある重傷を負って意識をなくし倒れていた。発見したのは同級生の武藤正洋(戸塚純貴)で、救急車を呼ぶ。

その後、武藤は傷害容疑で起訴された。町村は意識を回復した後、暴行したのは武藤だと証言。

町村は友達を探すマッチングアプリを運営する学生ベンチャー企業「トゥモロー」の代表だった。代表を降りると言い出した町村を引き留めるため、武藤はナイフで脅迫したのがエスカレートして凄惨な暴行になったと言う。

ナイフからは武藤の指紋が検出され、全治6ヶ月の重傷を負った町村は法廷に立ち、犯行を行ったのは武藤であると証言。

武藤は実刑判決が確定した。武藤は犯行を否定した。

約束の場所についたら、町村が倒れていたのだと言う。

町村の証言が覆らなければ、控訴しても無駄だと思われた。

事務所全体が重い空気に覆われた時、小鳥遊が息を弾ませて部屋に入って来くる。

「当たったよ!」

小鳥遊の大好きな刑事ドラマ「現場百回 刑事鎧塚平八」の懸賞プレゼントのキーホルダーが当選したのだ。

盛り上がってるのは小鳥遊とパラリーガルの茅野明(三浦翔平)だけ。

小鳥遊と青島とが出会った海で、武藤の母・望(片岡礼子)は自殺していた。小鳥遊は崖をのぞきこんでいる青島に「勝つまで戦うの」と諭したのだった。

青島を突き動かした言葉を小鳥遊は「そんなこと言ったっけ?」とそっけない。

小鳥遊は金にならない裁判はやらないという。

パラリーガルの伊藤理恵(安達祐実)が金の匂いを嗅ぎつけた。

町村の立ち上げたトゥモローは年商10億円。

10億円と聞いて小鳥遊にやる気スイッチが入った。

「現場百回行くよ。銚子電鉄に」

「でも現場百回行きました」

「101回目でも行くんだよ」

小鳥遊、行動開始

小鳥遊と青島は事件の足どりを追った。

事件当日、武藤は午後4時に本銚子駅に到着。徒歩10分の現場で倒れている町村を発見した。4時10分には救急車を呼んでいる。町村に暴行をくわえる時間はないはずだった。

しかし電車に乗ったことが証明できない。

協力してくれる小鳥遊に青島は

「なんだかんだ言って。気にかけてくれてますね。キツいこと言う時も僕に発破かけるためで」

「そんなにいい人じゃないよ私、弁護士ならもっと人を疑ったら」

「人を信じるのも弁護士です」

青島は青島なりの信念を持っていた。

小鳥遊は海辺のラブホテル「レッドクリフ」に青島を連れて潜入した。身体を固くしてドギマギする青島。

「どうしても行くんですか?」

「チャンとして。イヤなの?」

「いや、経験がないもんで」

レッドクリフは男女2人だけでなく、パーティー帰りの団体客も利用していた。

受付の女性(YOU)はなかなか調査の協力に乗らない。しかし小鳥遊の持っていた「現場百回」のキーホルダーで目の色が変わる。彼女もファンのよう。

崖の上で武藤の父親・武藤紘一(志垣太郎)が亡き妻に花束を置いていた。

「控訴審のために調べ物をさせてください」

と頼んでも、父親は全てを青島のせいにして恨んでいる。

武藤の母親は毎日駅に通っては目撃証言を募るビラを配り、事情を聞こうと町村の病院をおとずれたり、トゥモローのメンバーに手がかりを尋ねたりしていた。

それが元で母親はネットでひどい誹謗中傷を受けることになった。事件サイトの書き込みに反論を書くと、住所や顔もさらされた。

武藤がいじめられた時に学校へ乗り込み、【よけいにいじめられたバカ親】。など「正義の味方」と名乗りながらひどい書き込みをしていた。

塾代を稼ぐために風俗嬢をやっていたという書き込みの後、母親は自殺。

京極法律事務所のパラリーガルの茅野や馬場雄一(荒川良々)たちも過去に誹謗中傷を経験しているし、ヤメ検大鷹高志(勝村政信)も冤罪事件の時、娘がいじめられている。京極雅彦(高橋英樹)は大学教授時代、事件の加害者・被害者の家族のプライバシーを守るのが研究テーマのひとつだった。

「今回はみんなの気持ちが一致したね」

と小鳥遊が言うと、大鷹は言った。「あんたの目的は金だろう」

「でも終着駅は一緒でしょ」

小鳥遊と青島は武藤の実家をおとずれるが、父親は頑なだった。

小鳥遊の無念を晴らしましょうという言葉に協力する姿勢を示す。

武藤は小さい頃身体が弱く、母親はそんな身体に産んだ自分を責めていた。

学校に通うようになって武藤はいじめられるようになった。いつも幼なじみの町村に何度も助けられていた。成績優秀な町村に憧れ、武藤も帝国大学をめざし合格。トゥモローでは町村の復帰を記念する食事会が行われていた。

町村はメンバーに武藤のことを忘れて前に進もうと言った。

完全に変わってしまったように見えた。

半グレヤクザの暗躍

茅野のホストクラブでトゥモローの女性メンバーに聴き取りをした結果。トゥモローにはバックに半グレヤクザ集団「ドラゴンユニオン」がついていた。

ドラゴンユニオンが裏で美女軍団のパーティーを取り仕切っている。ネットでパーティーの会場の画像がみつかる。会場はホテル「レッドクリフ」だった。

レッドクリフの受付女性に「現場百回」のキーホルダーを交換条件に証言を聞き出すことに成功。女性は4月18日に財布を忘れ、武藤に金を借りていたのだった。

さらに美女軍団の1人をつきとめ、事情を聞き出す。

町村の帝大の後輩・中山はドラゴンユニオンに出入りしていた。中山はトゥモローの活動にドラゴンユニオンが関与してくるのに嫌気がさし、代表をおりるつもりだった。町村を引き留めるために、中山は美女を使って、ハニー・トラップを仕掛けた。

だが町村は誘惑をはねつける。

それで今度は暴力で町村を脅したと言う。

中西はドラゴンユニオンの仲間と一緒に町村に貼りついて町村の行動を監視していた。

「暴行の首謀者は中西か」

「幼なじみの武藤くんを犯人にするなんて……」

「人間はそんなに強くないのよ。追い詰められると、大事な者を見失うことだってあるわ」

ついに小鳥遊の過去が明かされる

「今回の姐さんちょっと熱いスよね」

と茅野が言うと、

「自分のことを思い出したんではないでしょうか?」

と伊藤は言う。

小鳥遊は中学生の時に自営業をしていた父親が投資詐欺で騙されて全財産を失って失踪していました。陰口に耐えられなくなった母親は小鳥遊を連れて別の町に逃げた。

「どうりで金に執着するわけだ」

弁護士時代のインタビュー記事には、

「法律さえ知っていれば避けられる哀しみがある。だから弁護士になった」

と語っていた。

小鳥遊と青島は町村に接近。

「武藤君は心の底から君を慕っていました。君に感謝して、君に憧れて、君のことを信じていたんです」

本気で立ち向かえば、ヤクザも法律で裁けると説得するが、武藤は拒絶した。

八方塞がりになった青島は小鳥遊にこぼす。

「難しいですね。真実を掴めたはずなのに、証拠がない。町村君も証言を変える気がない。悔しいです」

「悔しいって、何それ。それが弁護士の言葉? あんたの何百倍も本人や家族は悔しい思いをしてきてるのに、簡単に悔しいとか言わないでよ。これはあんたの裁判でしょ。あんたの戦いなの。あんた勝たなきゃ行けないの。何諦めちゃってるの」

「僕はまだ諦めたなんて言ってません」

 公判期日 証人尋問

「レッドクリフ」の受付女性が法廷に立った。
事件当日に駅で武藤を目撃したことを証言し、武藤のアリバイを証明。

だが、証言台に立つ見返りに小鳥遊からキーホルダーをもらっていた。これが金銭授受と見なされ証拠にはならなかった。

被害者証人尋問

青島は武藤の母が残した町村あてへの手紙を読み上げる。

手紙は息子をいじめから守ってくれた感謝。

もし息子が本当に犯行していたらその責任は全部自分にある。

そして、2人にもう一度元の友人に戻れるようにと願いが書かれてあった。

手紙に心を打たれた町村は証言を覆す。

「僕の方こそ、逆境に立ち向かう武藤くんの姿に勇気をもらっていたんです。それなのに、親友を犯人に仕立てあげ、お母さんも自殺に追いやった」

暴行を行ったは中西だと証言し。武藤の無実は証明。

裁判が終わったが、小鳥遊は母親の残した手紙が青島がでっちあげたものじゃないかと疑っていた。

「何言ってるんですか。弁護士資格を失うなんてゴメンですから」

裁判は勝ったが、小鳥遊はそれでは気が済まなかった。

ネットで母親の悪口を書いた者を情報開示請求を通して身元を割り出し1人30万円の損害賠償請求。書き込みをしたのは300人。合計9,000万で事務所の成功報酬は1,800万円!

「たんなる金の亡者だよ」

小鳥遊にとっては褒め言葉のようです。

やがて訴状を受け取った書き込みした人が事務所の前に行列に——

「ついに行列のできる法律事務所に!」

「違う意味だけど」

小鳥遊は青島に、「今夜私の部屋に来て」と耳打ちした。

緊張しながら小鳥遊のベッドまで誘われる。

「秘密守れる? 時間がないの早く来て」

と、見せられたのは殺人犯、守屋至の記事。

「絶対に負けられない戦いなの。弁護士資格がないからあなたに頼むしかないの」

木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』5話の感想

さて、小鳥遊が青島に頼んだ事件は小鳥遊の過去とどういう関わりがあるのでしょうか。ちょっとづつ小鳥遊の過去が明らかになりました。

明らかになったと言えば、ついに刑事鎧塚平八の素顔が明らかに! やはり勝野洋さんでした。ベテラン刑事役ぴったりですね。

次回はライバルの大ボス天馬弁護士と直接対決のようです。次回も眼が離せません。

木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』6話のあらすじ

木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』6話のあらすじ

「京極法律事務所」に不動産トラブルを抱えた男性・塩見一郎(矢部太郎)が相談に訪れた。

婚約者に超お得だと言われ、3000万円一括払いで土地を購入したものの、後から陽当たりが悪くて騒音もひどい土地だったことが判明。

だが、土地はすでに引き渡し済みで、契約解除は不可能…。しかも、名義人が婚約者であるため、塩見が仲介業者を訴えることも厳しい状況だ。

そこで、元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)はすぐ婚約者に連絡するよう、塩見に指示。ところがいざ連絡を試みると、婚約者の携帯も勤務先の番号も現在使われておらず…!

 これは結婚詐欺に違いない――そう確信する翔子たち。よくよく問い質せば、塩見は相田栞(東ちづる)が代表を務める高級婚活相談所「ローズブライダル」に、30万円も支払って入会。

婚約者を紹介してもらったのだという。さらに、ここに来てとんでもない事実も発覚する。つい先日、「京極法律事務所」のパラリーガル・馬場雄一(荒川良々)が失恋した相手・藤原夏純(逢沢りな)と、塩見の婚約者が同一人物だったのだ!

しかも、馬場も例に漏れず、夏純に大金を注ぎ込んでいたらしい。

 翔子らは夏純を訴えようと立ち上がるが、唯一の情報源である「ローズブライダル」は個人情報の提供を拒否。

そこで、「京極法律事務所」のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)が婚活中を装い、潜入捜査を試みることに…。巡り巡って、翔子らは夏純との接触に漕ぎつけるが、相手は想像以上にふてぶてしくて用意周到!

翔子たちは彼女をやり込めるつもりが、逆に窮地に追い込まれてしまい…!?

 その頃、「京極法律事務所」の弁護士・青島圭太(林遣都)は、翔子が以前弁護していた受刑者・守屋至(寛一郎)と面会するのだが…!

木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』6話のあらすじネタバレ・感想
木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』6話のあらすじネタバレ・感想

さて、今回は京極法律事務所のPラリーガルの面々も関与する訴訟みたいです。 前回小鳥遊にポチ・青島が頼まれた過去の殺人事件 ...

【木曜ドラマ】『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』あらすじ・キャスト・ロケ地まとめ
【見逃し配信】木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』あらすじ・キャスト・ロケ地・無料動画情報まとめ

テレビ朝日系【木曜ドラマ】『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』が2018年10月11日から放送開始されました! 主演は米 ...

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』の見逃し配信・まとめ視聴する方法

U-NEXT

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』の見逃し配信・まとめ視聴ならU-NEXTがオススメです。

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作までスマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービス。

31日間無料体験があるので期間内だけお試し登録する使い方もオススメです、ぜひ無料登録してみて下さい!

『U-NEXT』

  • 日本最大級の動画サービスが月額1,990円
  • 最新映画にも使える600ポイントプレセント
  • 1契約で4アカウントまで利用可能
  • 映画や書籍に使える1,200ポイントを毎月プレゼント
  • 31日間無料トライアルだけのお試しもOK!!

ポイント

『U-NEXT』は、月額1,990円で国内外のドラマ・映画を見放題な日本最大級のビデオ・オン・デマンドサービスです。

見放題作品&レンタル作品合わせて15万本以上のボリューム!カテゴリも国内外ドラマ・映画・アニメ・成人コンテンツまで用意され、さらに読み放題の雑誌や毎月映画チケットと交換できる1,200ポイントプレゼントも!

31日間無料トライアルとすぐ使える600ポイントも用意されているのでぜひ『U-NEXT』を試してみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

  • この記事を書いた人
ま、いっかけん

ま、いっかけん

毎日のドラマ・週末の映画はかかせません。 最新エンタメ、テレビドラマ、バラエティ、芸能、漫画が得意なライターです。ドラマ内容や感想を分かりやすくお届け致します。

-2018年ドラマ, リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~
-, , , ,

Copyright© ビデオ・オン・デマンド ジャパン , 2019 All Rights Reserved.