2018年ドラマ 下町ロケット

日曜ドラマ『下町ロケット2』続編4話のネタバレあらすじ&感想

更新日:

日曜ドラマ『下町ロケット2』続編4話のネタバレあらすじ&感想

前回ラストで神谷弁護士が言った、「内通者がいる」という言葉が気になりました。

ヘビ野郎・中川京一弁護士が仕掛ける次の一手とは?簡単には買収させてもらえないようです。

そして経理部長殿村に重大な変化があるようで・・・。

日曜ドラマ『下町ロケット2』第4話のあらすじネタバレ・感想をお送りします。

また、『下町ロケット2』の見逃し配信・無料動画なら『Paravi(パラビ)』がオススメです!

最新の国内ドラマ・バラエティの見放題ラインナップはトップクラス!初回30日間無料お試しが用意されているので、ぜひお得に利用してみて下さい!

見逃し配信・無料動画なら『Paravi(パラビ)』
▼Paravi公式▼

日曜ドラマ『下町ロケット2』4話のあらすじ

佃(阿部寛)と殿村(立川談春)の機転により、帝国重工による信用調査をなんとかクリアした佃製作所。

ギアゴースト買収へと本格的に動きはじめた矢先、神谷弁護士(恵俊彰)から呼び出され、「ギアゴーストの開発情報が外部に漏れている可能性がある」と告げられる。

佃製作所の社員たちは、特許侵害訴訟の勝訴へ向けてギアゴーストに協力し解決の糸口を探すが苦戦。そんな中、思わぬ形で内通者の存在を知ることになった伊丹(尾上菊之助)と島津(イモトアヤコ)は驚きを隠せず……。

一方、佃製作所の経理部長・殿村は仕事の傍ら、実家の農作業を手伝っていた。そんな中、ある重大な決心をして……。

日曜ドラマ『下町ロケット2』4話のネタバレ

憎き内通者の正体!

ギアゴーストの内部情報が流出しているのではないかと疑う神谷修一弁護士(恵俊彰)。

ギアゴースト社長・伊丹大(尾上菊之助)は「我が社は創業以来、社員30人で家族のように苦楽を共にしてきた。家族を疑いますか?」と内通者を認めない。

だが、数日後、ギアゴーストの女性社員坂本菜々緒(菅野莉央)が買収の文字を見てしまい、その情報を同僚・柏田宏樹(馬場徹)に漏らしてしまったことを告白する。

柏田に疑いをもつギアゴースト副社長の島津裕(イモトアヤコ)だが、逆に伊丹は神谷を信用できないでいた。

一方、佃製作所の経理部長・殿村直弘(立川談春)は心臓手術を終えたばかりの父・(山本學)が早く退院したいともらしていたと付き添った妻に聞く。

農業を嫌っていた妻・咲子(工藤夕貴)が田舎で「米作りもいいかもしれない」と言い始め殿村の心は揺れた。

神谷からギアゴーストの社内で情報漏えいがある事実がわかる資料を提出される。

伊丹は拒否して、今後は自社の顧問弁護士の末長孝明(中村梅雀)とだけ相談すると資料を見ようともしない。

帰りのタクシーで神谷が渡した資料を見て愕然とする伊丹と島津。

封筒の中にあったのは、ケーマシナリーの顧問弁護士・中川京一(池畑慎之介)と末永が仲良く2人で映った写真のある雑誌の記事だった。

神谷はギアゴーストに訪れた時、法律の専門誌バックナンバーが1号だけ欠けているのに気がついた。その欠けた号に末長と中川の対談記事があった。

疑っていた柏田はシロだった。

情報漏えいしていたのは他ならぬ末長弁護士だったのだ!

中川と末長は同期で、4年前からギアゴーストの技術情報を中川に提供し、

3億もの金を末長は受け取っていた。

もう一社買収を名乗り出た会社が…その会社とは?

事実を知った伊丹と島津は、ケーマシナリーとの協議の時の末長の様子を見ることに。

以前と変わらず、末長はギアゴーストの側に立って話をした。

賠償金の減額を要請するが、中川は突っぱね法的手続きに移ることを宣言した。

協議後、伊丹は末長に中川との関係に尋ねるが、末長は完全否定。

ギアゴーストの負けを宣言して、足早に立ち去った。

伊丹は中川の助手・青山から連絡を受ける。ギアゴーストを買収したい会社があるというのだ。

伊丹は島津を残して1人で中川の事務所を訪れる。

買収を名乗り出たのはライバル会社「ダイダロス」の重田登志行(古舘伊知郎)だった。

彼こそ伊丹が帝国重工時代に次期社長候補・的場俊一(神田正輝)の命令で下請け切りを行った会社・重田重工の会長(中尾彬)の息子(当時・重田重工社長)だったのだ。

重田の父は心臓が悪く、帝国重工の取引停止後すぐ亡くなった。

重田は倒産後、父の隠し資産を使って、小型エンジンを作る会社を買収。その後、トランスミッションにも手を広げたのが現在のダイダロスだった。

ダイダロスの買収の条件に現従業員の雇用の保証はなかった。

帝国重工時代の取引停止になった下請けが社員を解雇する姿を見て、ギアゴーストでは絶対に社員を切り捨てないと誓っていた。

重田と中川は以前からギアゴーストと伊丹を狙っていた。

一方、佃は神谷の指導に従って、ギアゴーストを救出するため、論文を取り寄せ、社員一同で論文をチェックしていた。

手術をする前の殿村の父は「自分の田んぼは人には絶対に任せない」と言い張っていたのに、他の農家に田んぼを貸すことにも話を貸すようになった。

半病人の身でできるほど米作りは甘くないし、もう充分やりきったと感じているようだ。

殿村の心は米作りに傾いていた。だが父は言う

「サラリーマンが安定してていい」

殿村は

「安定なんかしてない。収入の安定はあるけど、心の安定はない。意に沿わない仕事はさせられ、理不尽にののしられ」

「銀行員時代のお前は疲れた顔していた。でも今の佃製作所は違うだろ。面白いいい会社だ」

田んぼづくりをとるか、佃製作所をとるか葛藤する殿村。

「お前はいまのままのおまえでいい。サラリーマンでいいんだよ」

「俺は親父に何の恩返しもできなかった」

「元気でいるのが恩返しってもんだよ」

佃に父が田んぼを譲ることに決めたことを告げる殿村だったが、田んぼに頭を下げる父の姿を見て涙が止まらない。

悪のウィン・ウィン・ウィン・ウィン

ケーマシナリーはついにギアゴーストへの訴状を正式に提出した。

いつもの高級中華店で中川とケーマシナリー知財部長・神田川敦(内場勝則)が会食をしている。ついにテーブルの向こう側にいる人物があきらかに。

ダイダロスの重田と末長弁護士だった。

4人は結託して、ギアゴーストを陥れ、利益を得ようとしていたのだった。

佃は家に帰っても書類を持ち帰り論文のチェックをしていた。

そんな時、佃の娘・佃利菜(土屋太鳳)が帰ってくる。

帝国重工のロケット開発の技術者である利菜はロケット開発の未来を心配していた。

帝国重工はロケット開発事業から撤退するという噂がある中、ロケットの打ち上げを見て帝国重工に入ることを決めた利菜は、今後の身の振り方を考えていた。

佃は娘がロケットを愛してることを喜んで、ロケット開発はなくならないと断言した。

「宇宙開発があったから、台風の進路を予測し、カーナビで目的地に行くことができるようになった。大型ロケットに開発された技術は技術者の努力の結晶なんだ。そして人類の科学の歴史そのものなんだ。目先の利益のために人類の貴重な財産をたやすく捨てるなんてことはあってはならない」

「この国から、帝国重工からロケット開発は絶対になくならない。一技術者として俺はそう信じている」

「私もいつかそういう技術者になりたい」

「お前はもう一流の技術者だよ。後は俺みたいに挫折しないことだ」

「挫折はしたけど、パパは立派な技術者だよ。尊敬すべき研究者だと思う」

「嬉しいこと言ってくれるじゃないか」

お互いに涙ながらに褒め合う佃親子でした。

「今は目の前のことに全力で取り組もう」

佃製作所には、中川弁護士を通したケーマシナリーの訴状を前に、佃、神谷、伊丹、島津、殿村が顔を揃えていた。

伊丹は神谷に不信感を持っていたことを詫びた。改めて神谷にギアゴーストの代理人になることを頼んだ。末長とは顧問契約を打ち切るつもりだった。

神谷は言う。

「私は負ける裁判はしません」

島津が開発した副変速機は、母校の東京技術大学の大学院生の論文を元にしたものだった。

佃たちはその論文を血眼になって探しあてたのだ。

「この論文があれば裁判に勝てる」

神谷はギアゴーストの代理人を引き受けます。

「共にケーマシナリーを中川京一を完膚なきまでに叩き潰しましょう」

話し合いが終わり、夕暮れの佃製作所の社屋を感慨深くみつめる殿村の姿がありました。

殿村の決意

殿村は妻に佃製作所を辞めて、農家を継ぐ決心をしたと告げる。

妻は米作りは手伝わないと言う。

「米作りは難しい、私が他で働いていたらなんとかなるから」

なんとできた奥さんでしょう。

翌日の佃製作所。ロケット品質佃プライドと書いたパネルの前で手を合わせる殿村を見て、佃は殿村の決意を悟ります。

「会社を信じ頭を下げる営業マンがいて、成功を信じ決して妥協しない技術者がいて、そんな社員を信じ、夢見ることをあきらめない社長がいた。そんな会社ですごせたからこそ、こんな私でもものづくりの楽しさを知ることができたんだと思います。」

「ずっと銀行員なら田んぼを継ぐことなんて思いもしなった。親父の米作りに対する情熱のかけらも理解できなかったと思います。何がいちばん大切なものか、教えてくれたのは社長です」
「ここでみなさんと過ごせた時間は私にとってかけがいのない宝物です」

殿村は銀行の出向で佃製作所にやってきた。佃が窮地に陥り、社長を辞めようとした時に、

「社長、あなたは夢に愛されている。逃げちゃいけない! 佃製作所はいい会社です。だから何としても守りたい」
と言った。

「あの時、トノがああ言ってくれなかったら今の佃製作所はなかった。トノには感謝しかない。佃製作所を救ってくれた恩人だ。だから今度は俺にお前の背中を押させてくれよ」

殿村は今度の裁判が終わるまで、会社に残ると告げた。そのためにも何としても裁判に勝たないといけない。

「トノ、よく決めたな」

背中越しに佃の声を聞き、嗚咽しながらも振り向かず部屋を出た殿村だった。

数日後、神谷が論文だけでは証拠として不充分であると告げてくる。

「このままでは裁判は負けます」

はたして裁判の行方は?

新しい証拠は見つけ出せるのか?

次回いよいよゴースト完結編。

日曜ドラマ『下町ロケット2』4話の感想

いやあ、なんと裏切っていたのがギアゴーストの顧問弁護士だったとは? 中村梅雀さん意外するキャスティングです。普段は善玉役が多いもので。

そして単なる悪役だと思っていたダイダロスの社長重田が先週登場した中尾彬さんの息子だったとは。単なる悪役ではない、複雑な役回りですね

殿村役立川談春さんの演技が光った今回でした。談春師匠の人情噺は絶品。

その情感が演技にも出てますね。今年は主演映画も上映されて、ますます演技にも磨きがかかります。

日曜ドラマ『下町ロケット2』4話のあらすじ

ついにギアゴーストはケーマシナリーとの特許侵害訴訟・第一回口頭弁論の日を迎えた。伊丹(尾上菊之助)、島津(イモトアヤコ)らギアゴーストの社員、佃(阿部寛)、退職を決めた殿村(立川談春)ら佃製作所の社員が見守る中、運命の判決はいかに……。

一方、的場(神田正輝)の指示でスターダスト計画から離れることになった財前(吉川晃司)の次に進む道は、ロケットに関わる新事業開発の部署であった。
ひょんなことから、佃製作所の社員たちと殿村家の稲刈りを手伝うことになった財前は、改めて重要なことに気づかされる。

日曜ドラマ『下町ロケット2』続編5話のネタバレあらすじ&感想
日曜ドラマ『下町ロケット2』続編5話のネタバレあらすじ&感想

さて今回はいよいよ前半の最終章です。 前回に神谷弁護士からこのままでは、裁判に勝てないと言われたギアゴースト。裁判の行方 ...

日曜ドラマ『下町ロケット2』続編のあらすじ・キャスト・ロケ地まとめ
【見逃し配信】日曜ドラマ『下町ロケット2』続編のあらすじ・キャスト・ロケ地・無料動画情報まとめ

前作から3年、待望の続編新シリーズ日曜ドラマ『下町ロケット2』が帰ってきました。 もはや鉄板と言っていい、池井戸潤原作ド ...

『下町ロケット2』の見逃し配信・無料動画を視聴する方法

見逃し配信・無料動画なら『Paravi(パラビ)』

『Paravi(パラビ)』

『下町ロケット2』の見逃し配信・無料動画視聴なら『Paravi(パラビ)』がオススメです!

最新のドラマ・バラエティのラインナップはもちろん、TBS・テレビ東京系の見放題作品も非常に豊富な国内トップクラスのビデオ・オン・デマンドサービスです。

初回は30日間無料で利用できるのでぜひお得に試してみて下さい!

管理人
作品の配信情報は記事更新日時点のものです、現在は配信終了している場合もありますので詳細は公式サイトにてご確認下さいませ。

『Paravi(パラビ)』

  • 月額925円(税抜)の国内最大級VOD
  • TBS系のドラマ・バラエティも充実
  • 国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信が多数
  • PC/スマホ/タブレットにも対応可能
  • 初回30日間無料!お試しだけでもOK!

ポイント

『Paravi(パラビ)』は、月額925円(税抜)の国内最大級VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスです。

TBS・テレビ東京・日経新聞・WOWOWの合弁会社が運営しており、国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信やオリジナルコンテンツが非常に充実!!

初回30日間は無料体験が用意されています、気になる方はぜひ試してみて下さい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

  • この記事を書いた人
ま、いっかけん

ま、いっかけん

毎日のドラマ・週末の映画はかかせません。 最新エンタメ、テレビドラマ、バラエティ、芸能、漫画が得意なライターです。ドラマ内容や感想を分かりやすくお届け致します。

-2018年ドラマ, 下町ロケット
-, , , ,

Copyright© ビデオ・オン・デマンド ジャパン , 2019 All Rights Reserved.