2018年ドラマ SUITS/スーツ

月9ドラマ『SUITS/スーツ』1話のネタバレあらすじ&感想

更新日:

月9ドラマ『SUITS/スーツ』1話のネタバレあらすじ&感想 最強の凸凹コンビ誕生!?

全米でメガヒットしたドラマ『SUITS』が原作のフジテレビ月9ドラマの日本語版『SUITS/スーツ』として10/8よりスタートしました!

織田裕二さん主演、その相方にHey!Sey!JUMPの中島裕翔さん、そして27年ぶりに織田裕二さんと共演となる鈴木保奈美さんも出演されるということで放送前から話題になっているドラマ。

この記事では、月9ドラマ『SUITS/スーツ』1話のネタバレあらすじ・感想をご紹介していきます!

また、月9ドラマ『SUITS/スーツ』の見逃し配信・まとめ視聴はFODプレミアムで配信されています、1ヶ月無料お試しで視聴できるのでぜひチェックしてみて下さい。

見逃し動画配信ならFODプレミアムがオススメ

▼FODプレミアム公式▼

月9ドラマ『SUITS/スーツ』1話のあらすじ

甲斐正午(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』に所属する敏腕弁護士。

東大入学後にハーバード大学に留学した経歴を持つ甲斐は、企業の買収・合併や、企業間の戦略的提携など、金になる仕事を手がけている。

だが、かなり傲慢な性格で、勝つためなら違法行為ギリギリの際どい手段を用いることもあった。

『幸村・上杉法律事務所』は、幸村チカ(鈴木保奈美)が代表弁護士を務める、日本四大弁護士事務所のひとつ。

敏腕弁護士を父に持つ有能なパラリーガル・聖澤真琴(新木優子)、頭脳明晰で人心掌握術にも長けた甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)、ハーバード大学のロースクール出身で甲斐をライバル視している弁護士・蟹江貢(小手伸也)らが働いている。

事務所の稼ぎ頭である甲斐は、出資者としての地位を持ち、経営にも参画するシニアパートナーへの昇格を狙っていた。

チカは、そんな甲斐に、昇格の条件としてパートナーとして働く若手の弁護士“アソシエイト”を雇うよう命じる。

気乗りしないものの、その条件を受け入れた甲斐は、新人採用の面接会を開く。

そこに偶然やってきたのが、優れた頭脳と一度見たものは決して忘れない完全記憶能力を持ちながら、悪友・谷本遊星(磯村勇斗)の影響でその日暮らしのフリーター生活を送り、さまざまな業種の替え玉受験にも手を染めていた鈴木大貴(中島裕翔)だった。

その能力に興味を抱いた甲斐は、大貴を採用することにするが……。

月9ドラマ『SUITS/スーツ』1話のネタバレ

日本の四代弁護士事務所のひとつ、『幸村・上杉法律事務所』の代表弁護士を務める幸村チカ(鈴木保奈美)のところへ、クライアント会社社長のダイス・スズキがやってくる。

ダイス・スズキの元社員が不当解雇(被害者の人格を侮辱しパワハラを受けた)された記事はフェイクニュースだから出版社に止めるよう要請しろという。

だがその会社の担当弁護士、甲斐 正午(織田裕二)は不在でスマホの電源も切られており連絡が取れない。

その頃、甲斐は女性とコンサートに出かけていた。

女性のPCが入った荷物を預け会場に入場するが、コンサートが始まる直前、甲斐は入ってたメールを見て「どうしても外せない相手なんだ」と席を外す。

そして、コンサートホールから出た甲斐は、女性の荷物を受け取り外へ出ていく。

一方、幸村・上杉法律事務所ではダイス・スズキに不当解雇された元社員の担当弁護士、木次屋がやってくる。

木次屋は元社員がダイス・スズキにパワハラを受けたために精神的に追い込まれたと、精神科の診断書や金で解決しようとするダイスの会話も録音されており幸村・上杉法律事務所は追い込まれていく。

そこへ遅れてやってきた甲斐 正午。

被害者が送ったとされるスマホのメール画面を木次屋へ見せながら、

「元社員はダイス・スズキの会社に決まっている大型融資を阻止するためにスキャンダルを起こすために送り込んだライバル会社のスパイ、メールはその証拠」だと主張する。

さらにスマホの画面を見せながら「特に精神的に追い込まれてる感じじゃなかったけどな」と女性の写った写真を見せる。

そこに写っているのは甲斐とコンサートへ出かけていた女性だった。

これにより、精神科の診断書もでっち上げと判明し形勢逆転、幸村・上杉法律事務所のピンチを救うこととなる。

替え玉受験で稼ごうとする『鈴木大貴』

場面は変わり、司法試験の会場で友人に依頼された替え玉受験をする鈴木大貴(中島裕翔)。

メガネで依頼者に変装しているものの、試験官にバレそうになったところを女の子に助けられる。

その女性は依頼者の恋人だった。

替え玉受験の手応えを報告する鈴木だが、満点に近い点数で合格することが依頼条件のはずが依頼者がそんな点数を取るのは怪しまれると合格ギリギリの点数に調整したことを報告すると、

「満点に近い点数での合格が「パパと約束」だから金は払わない」という依頼者。

結局、替え玉受験がバレそうになった上に依頼料も払われないと踏んだり蹴ったり...。

その後、高級スーツを身にまとった友達の谷元遊星(磯村勇斗)がビジネスに誘う。

しかし鈴木は合法でないともうやらないとその場を去っていく。

昇進を期待する甲斐弁護士だが・・・

先日の木次屋弁護士を撃退した手応えもあってか、朝出社した甲斐は秘書である玉井伽耶子(中村アン)に昇進を匂わせる。

そして幸村チカも甲斐正午を昇進させる気があると、部下弁護士であり甲斐と同じく稼ぎ頭の蟹江貢(小手伸也)にも報告。

しかし、蟹江と甲斐は犬猿の仲のようで納得がいかない様子。

そこへやってきた甲斐に幸村チカは「昇進したいならアソシエイト(パートナー)を見つけろ」と求める。

断ろうとする甲斐だが、それなら昇進はないと言われ渋々アソシエイトを見つけるための面接を玉井にセッティングさせるのだった。

祖母の施設入居費用のためにも運び屋を選択する鈴木

メッセンジャーのバイト途中、鈴木に谷元遊星から電話が入る。

静岡に住んでいる鈴木の祖母が怪我をして入院という知らせを受け、急いで病院に向かう。

祖母に命に別状はないものの、今後の不安から東京に来て欲しいと頼むも断られてしまう。

その帰り道、祖母の入院費を払うために谷元から誘われていたビジネスを手伝うことを決意する。

後日、谷元と会って聞いた詳しいビジネスはの内容は「用意されたスーツケースを運びある人物に渡す」こと。

明らかに怪しい仕事内容から、鈴木は中身を教えて欲しいと頼むも谷元は教えてくれなかった。

翌日、谷元の指示通りスーツケースをホテルの1室に運ぶ鈴木。

しかし途中のトイレであまりにも怪しいスーツケースを先日、谷元が開けようとした際に記憶した暗証番号を入力し開けてしまう。

するとそこには大量の現金が...。

そのころ、鈴木に運び屋を依頼した谷元は借金取りに襲われていた。

谷元はドラックの売買に手を出していたのだ。

そして、鈴木に運び屋を依頼した今回の取引は警察のおとり捜査だということを知らされる。

偶然にも巡り合う鈴木と甲斐

スーツケースを運ぶよう指定された部屋に近づく鈴木するとやたら業者の人数、そして名札から不審なことに気づく。

鈴木はその業者達が警察だということに気づき非常階段を使って逃げる。

しかし、捜査官はホテルの客にも紛れてビルの上下から挟み打ちの形で鈴木を追い込んでいく。

このままではマズイと階段途中の階へ入っていく鈴木、するとそこは偶然にも同じホテルでパートナーを選ぶ面接をしていた甲斐正午の面接会場だった。

パートナー志望者を装い面接会場に逃げ込んだ鈴木だったが、甲斐の目の前でスーツケースを落とし大量の現金を見せてしまう。

ここまでの全ての事情をすべて話す鈴木。

ロクな志望者がいない面接に飽き飽きしていた甲斐は面白がり鈴木をからかうが、鈴木は法律の知識が甲斐よりもあると六法全書から問題を出させる。

そして「1度見たものは決して忘れない」という驚異的な記憶力をもつ鈴木はその問題にすべて答える。

鈴木はなんと、たった過去2回読んだだけで六法全書の句読点の位置まで暗記していたのだ。

これほどの記憶力を持っていながら危険なビジネスを受けた、さらに弁護士を目指して六法全書まで暗記していた鈴木に、

甲斐は「なぜ運び屋なんかやってんだ?」と質問する。

ここで鈴木の過去が触れられる、信じがたいことに高2で司法試験の予備試験に合格していたほどに明晰な頭脳を持っていたが、友達の替え玉試験がバレてしまい本試験の受験資格を失っていた。

甲斐は鈴木を気に入り祖母の入居費用を出し、さらにパートナーとして採用することに。

鈴木大貴から鈴木大輔へ

甲斐のアソシエイト(パートナー)として選ばれが鈴木だが弁護士資格はない。

そこで甲斐は鈴木に、「鈴木大輔」という実在する弁護士になりきるように指示する。

この鈴木大輔、実は甲斐の担当会社社長で退職した元社員とトラブルを起こされていたダイス・スズキのこと。

ダイス・スズキ=鈴木大輔は、華麗な経歴と弁護士資格を持ちながら起業家になった、甲斐いわく奇特な人だった。

さっそく鈴木は家庭裁判所で名前を正式に改名し、さらに資料や育ってきた環境・親族に関する情報まで記憶して弁護士「ダイス(鈴木大輔)」になりきろうとする。

そして、彼の出身校であるハーバードのあるボストンに向かい最後の仕上げを行う。

帰国した鈴木と甲斐は、「弁護士 甲斐正午」と「弁護士 鈴木大輔」としてダイスに関する深い質問を投げかけながら最終チェック。

鈴木は全て完璧に回答しこれをクリアする。

その夜、鈴木は祖母にフリーターをやめ、密かに受け直した司法試験に合格し弁護士になったことを電話で報告する。

元上司の柳慎次とバレたメールの捏造

1人バーで飲んでいた甲斐のところに、元上司の柳慎次(國村隼人)が現れる。

しかし法廷で相まみえるかもしれない、それ以上に過去の因縁を思わせる雰囲気で店を出ていく甲斐

翌朝、バッジを付け弁護士「鈴木大輔」として幸村・上杉法律事務所に出社する鈴木

迷っているところをパラリーガルの聖澤真琴(新木優子)に案内される。

鈴木はツンとした対応をされるが「可愛い」とつぶやき聖澤真琴が気になる様子。

そのころ、甲斐は幸村チカに呼び出され昇進の話どころか降格かクビにするか迷っていると告げられる。

木次屋弁護士を撃退した際の元社員のメールが捏造したものだとバレてしまったのだ

このことを受け、出社初日にデスクに案内された鈴木は甲斐から突然解雇を言い渡すされる。

メールを捏造したことがバレてしまい、これ以上リスクのある鈴木を雇うのはできなくなったと言われてしまう。

鈴木は不当解雇だと主張するものの、これまでしてきた犯罪行為もバレてしまうぞと引越し費用・祖母の施設入居費用は約束通り払うからと小切手を渡される。

怒りのまま、弁護士バッジとまとめておけと言われたこれまでの犯罪歴リストだけを残して立ち去る鈴木。

途方に暮れる鈴木だが、帰り道に運び屋を依頼した悪友・谷元に出会い、金を返すように言われるも高校時代からの替え玉受験など今までの不満が爆発し「ほっといてくれ!」と言い残して帰る。

追い込まれる甲斐だが鈴木が残した犯罪リストに目を通し・・・

メール捏造が木次屋弁護士にバレたことで、ダイス・スズキ元社員の記事の件が再燃する。

ダイス・スズキは甲斐のもとへ来て、「記事は出るそうじゃないか、責任取れるのか」と詰めていく。

クライアントからも立場的にも追い詰められた甲斐だったが、木次屋弁護士の過去スキャンダルを調べさせていた情報屋から彼の身内に関するある情報を入手し、

鈴木が残していった犯罪歴リストに目を通し笑顔を浮かべたのだった

救ってくれたのは鈴木の過去

失意のままアパートに1人でいる鈴木のもとへ甲斐がやってくる、「覚悟を聞いている、本気で弁護士になりたいか?」と。

その後、2人が向かったのは木次屋弁護士の自宅。

鳴らしたインターホンから玄関を開けて対応したのは木次屋本人、甲斐を目にした木次屋は軽蔑の言葉を吐きながら玄関を閉めようとするが、

「何か勘違いしていませんか、私が話したいのは息子さんの方なんですが」

と切り出す甲斐。

そこに現れたのは、鈴木に替え玉受験を依頼していた友人。

つまり、木次屋弁護士の息子は鈴木に違法な司法試験の替え玉受験を依頼してきた友達だった。これにより甲斐は、息子の将来に危機感を感じた木次屋弁護士は訴えを取り下げることに成功。

結果的に、鈴木の過去に起こした犯罪が甲斐を救ってくれることとなった。

正式に鈴木大輔を名乗ることになった鈴木

また、木次屋弁護士の訴え取り下げによりダイス・スズキからも感謝される。

ダイス・スズキはビジネスのためにシンガポールで永住権を取るとのこと、

そこで甲斐は「せっかくの弁護士資格を遊ばせておくのはもったいない・・・、ちょっとご相談があるのですが」と鈴木大輔の名前を借りることを依頼。

これにより鈴木は胸を張って弁護士として働けるようになるのだった。

翌日から改めて弁護士として出社する鈴木。

気に入られようと荷物運びを手伝ったものの「解雇されたんじゃなかったんですね」と相変わらずツンとした対応の聖澤真琴。

しかし鈴木のまっすぐな対応にほんの少しだけ心を開く兆候が見えているの・・・かも。

最強弁護士コンビが誕生したもののチラつく過去

その朝、甲斐は早速昇進の話のために幸村チカのもとを訪れ今か今かと話を進めるが、幸村は鈴木とタッグでまずは他の弁護士同様、無料法律相談などの仕事をこなすせと要求。

面倒な仕事だと鈴木に丸投げ、そして「弁護士らしいスーツを仕立てろと」現金を渡し伝える甲斐。

そして幸村チカは甲斐正午に対して、元上司・柳慎次を司法記者が汚職を洗っているから彼が近づいてきたら警戒するようにと注意喚起し、第2話へ。

月9ドラマ『SUITS/スーツ』1話の感想

ついに話題の月9ドラマ『SUITS/スーツ』が放送開始スタートしましたね!

原作の『SUITS』を見られている方にとって、日本語版ドラマの評価は良い感想・悪い感想それぞれあると思いますが、個人的にはとても楽しめたというのが率直な意見です。

主演の織田裕二さんの脂の乗った、表情豊かな演技は見ていて非常に「月9感」がありますし、Hey!Sey!JUMPの中島裕翔さんも非常に爽やかで演技的にも好印象。

何より、

27年ぶりの織田裕二さん・鈴木保奈美さんの共演は「東京ラブストーリー」世代にはたまらないんじゃないでしょうか...。

どちらかというと専門用語の多い弁護士ドラマということで、大人向けの月9ドラマではあると思いますが、原作と合わせて今後の展開が楽しみです。

そして月9ドラマ『SUITS/スーツ』2話では、クライアント銀行の内部告発や病院でのセクハラ問題が絡んできます。

百戦錬磨の弁護士・甲斐と、全てを記憶できる鈴木のコンビが活躍するのか楽しみですね!

月9ドラマ『SUITS/スーツ』2話のネタバレあらすじ&感想
月9ドラマ『SUITS/スーツ』2話のネタバレあらすじ&感想

全米でメガヒットしたドラマ『SUITS』が原作のフジテレビ月9ドラマの日本語版『SUITS/スーツ』として10/8よりス ...

月9ドラマ日本版『SUITS/スーツ』のあらすじ・キャスト・ロケ地まとめ
【見逃し配信】月9ドラマ日本版『SUITS/スーツ』のあらすじ・キャスト・ロケ地・無料動画まとめ

2018年10月期「月9ドラマ」としてフジテレビより全米メガヒットドラマ『SUITS』を原作とした『SUITS/スーツ』 ...

月9ドラマ『SUITS/スーツ』の見逃し配信・まとめ視聴する方法

FODプレミアム

『SUITS/スーツ』の見逃し配信・まとめ視聴ならFODプレミアムがオススメです。

スマホ・PCから登録するだけで1ヶ月無料で月9ドラマ・バラエティ・アニメなど沢山の動画を楽しむことが出来ます。

無料おためし期間で賢く使うのがお得なのでぜひチェックしてみて下さい!

『FODプレミアム』

  • 月額888円で月9ドラマ・バラエティが見放題!!
  • 人気雑誌の見放題・無料マンガも充実
  • 毎月3回・8の付く日にポイントプレゼント
  • 1ヶ月無料トライアルだけのお試しもOK!!

ポイント

『FODプレミアム』は、月額888円(税抜)でドラマ・バラエティ・アニメ・映画が見放題のフジテレビ・オン・デマンドサービスです。

最新の月9ドラマから「テラスハウス」、名作の織田裕二主演「東京ラブストーリー」・山下智久主演「コード・ブルー」・小栗旬/石原さとみの「リッチマン、プアウーマン」まで豪華ラインナップ!さらに人気雑誌見放題や、FODプレミアムのオリジナル動画コンテンツも充実!

初回1ヶ月無料が用意されているのでぜひ『FODプレミアム』を試してみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

  • この記事を書いた人
chi

chi

アニメとマンガが大好きな理系女子です。 最近はドラマにもハマっており、最新テレビのトレンドはイチ早くチェック。得意なドラマの感想や、アニメ記事をお届けしていきます!

-2018年ドラマ, SUITS/スーツ
-, , , , ,

Copyright© ビデオ・オン・デマンド ジャパン , 2019 All Rights Reserved.